応募

応募

文化院ニュース

 
 
掲載日 : [11.05.19]   照会数 : 12809
講演会:許浚(ホジュン)・東医宝鑑 ユネスコ世界記録遺産について
 
許浚(ホジュン)・東医宝鑑
ユネスコ世界記録遺産について 過去/現在/未来

―2013年「世界伝統医薬エキスポ大会」(韓国・慶尚南道山清郡)に向けて―

 1610年にホ・ジュンが編纂した「東医宝鑑」は1613年に発刊されて以来、現在も脈々と読み継がれています。2009年7月にはユネスコ世界記録遺産に登録されました。日本でも、江戸幕府が朝鮮通信使一行に朝鮮の良医と医員を加えるように要請したこと、「東医宝鑑」が8代将軍吉宗座右の書であったことなどは意外に知られていません。

今回は、2013年に韓国・慶尚南道山清郡で開催される「世界伝統医薬エキスポ大会」に向けた、許浚(ホ・ジュン)・東医宝鑑の過去/現在/未来について、講師である中澤俊子さんに語ってもらいます。また、吉田和裕さんには専門の立場で「東医宝鑑」について、その構成と身近な実用例を中心に解説してもらいます。どうぞご期待下さい。

 主 催: (社) 中央日韓協会
 共 催: 駐日韓国大使館 韓国文化院
 日 時: 平成23年6月9日(木)
      18時30分~20時30分(開場18時)
 場 所: 韓国文化院ハンマダンホール
      (新宿区四谷4丁目4-10)
      *丸の内線「四谷3丁目」駅1番出口から、
       新宿通を新宿に向かって3分左側
 講 師: 中澤 俊子(高麗博物館・運営委員)
       吉田 和裕(東邦大学医療センター
        大森病院東洋医学科鍼灸部学術主任)

ホ・ジュン(許浚)
・朝鮮王朝中期、厳しい身分差別に抗しながら医の倫理と真実の愛を求めてやまない名医。
・豊臣秀吉の朝鮮侵略と重なった民族の受難の歴史の中で、民衆の苦しみを思い、ひたすら人間の命のみ己を捧げて生き抜いた実在の心医。
・現代においても、韓医学の確立だけでなくその人間性の故に韓国だけでなく、日本、中国を始め、世界中で敬愛される良医。

東 医 宝 鑑
・全盛期(14、15世紀)の朝鮮医学は中医(中国医学)を継承し興隆した。1610年ホ・ジュンは14年を費やし膨大な医書を25巻25冊からなる「東医宝鑑」に編纂。ここに朝鮮医学(韓方・郷薬)は東医として独自の地位を確立。
・日本の漢方医学の発展に貢献し「本家」中国にも大きな影響を与えた。1995年に中国の江沢民主席(当時)が訪韓した際、国会演説で韓中の文化交流のシンボルとして『東医宝鑑』が取り上げられた。
・1613年に発刊されて以来現在も読み継がれ、2009年7月ユネスコ世界記録遺産に登録された。。

講師:中澤俊子氏
中澤俊子氏は、「小説・許浚(ホ・ジュン)」を出版するための翻訳作業を支えたが途中で急逝した故豊島哲氏の奥様。
「この小説は、日韓の真の和解と友好を進めていくに当たり、国民レベルの歴史認識の共有に役立つ。日本全国の人々、特に若い人たちに読ませたい。」という豊島氏の遺志を継ぎ、「小説・許浚(ホ・ジュン)」の出版と広報に尽力、精力的に講演活動を行う。
2009年にはソウルで開催された東医宝鑑・ユネスコ世界記録遺産登載記念セミナーに日本の代表として出席、【日本における「小説・東医宝鑑」の軌跡】を報告した。また、昨年10月には、東医宝鑑執筆400年記念の学術セミナーと国際韓方バイオ・エキスポの招待を受け現地の取材をしている。

講師:吉田和裕氏
中国、韓国に留学。東アジア医史学において朝鮮医学が日本、中国に与えた影響を研究している。なかでも朝鮮医学の中核をなす「東医宝鑑」と江戸時代の朝鮮通信使との関わりが中心テーマだ。 なお、吉田和裕氏は日々鍼灸医療の現場で患者の治療にあたっている。

◇会 費: 無料
◇定 員: 先着250名(全席自由)
◇お申込み方法:お一人様2名までお申し込みいただけます。下記から応募フォームの各事項を
 ご記入いただき、送信してください。定員に達し次第募集を締め切ります。


お問い合わせ先:(社)中央日韓協会 TEL & FAX 042-743-0751 E-mail chuonikkan@ybb.ne.jp
 
 
  [total : 159] ( 5 / 6 )
番号
タイトル
掲示日
照会数