そばの花の咲く頃 (日帝時代民族文学対訳選) 著者 : 李孝石
ニックネーム : 虎鉄 掲示日 : 2022-04-01


いちめんの白い麦の花は月の明りに照らされて
人も驢馬もおのれの影を踏みながら峠道を行く。

李孝石の世界に魅せられて彼の故郷である
江原道平昌の地を訪ねてみたいと思うのは私だけでないみたいだ。
李孝石の作品はその詩的表現と語彙の豊かさが
クローズアップされることが多いが、人物像の構成や展開にもページが進む。
主人公のホセウオンは偶然道ずれとなった青年トンイが実の息子ではないかと考え始める、その思いは
読む者の心にも映り、ホセウオンの期待は読者の
確信につながる。

夭折した李孝石の年譜をみると晩年の暮らしぶりは彼の描いた美しい自然描写とはかけ離れていた事が伺える。
星の瞬きは闇の深さから生まれるように、
今でも輝き続ける李孝石の文章世界は
彼の心の深淵から放たれたものなのだろうか。



















表紙 タイトル
ハヨンガ ハーイ、おこづかいデートしない? チョン・ミギョン
タイトルの「ハヨンガ〜」はもとは男性たちが若い女性に向ける誘い文句で、ある時期からフェミニストサイト「メガリア」の仲間内の挨拶になったそうです。著者は「あなたは現実社会を本当に知っていますか?」と問い...
外は夏 キム・エラン
こちらのひとこと書評で紹介されていたので読んでみました。 短編がいくつか収められています。 どれも決して明るく楽しい内容ではないように思えましたが、韓国の日常(生活)や韓国の方が日頃からど...
ユ・ウォン ペク・オニュ
自分から解放されていく物語でした。主人公は高校2年生で、タイトル名の「ユ・ウォン」。幼い時に自宅マンションの火災事故にあい、11階から姉に投げ落とされて生き残ります。自分を助けた姉は亡くなり、おじさん...
トロナお別れ事務所 ソン・ヒョンジュ
「お別れ事務所」に就職した主人公カウルの奮闘記です。淡々とした読み口です。さらっとした小説が好きな方は良いかもしれません。私としては登場人物の心の動きがもう少しわかりやすければもっと感動できたかと思い...
ユ・ウォン ペク・オニュ
第13回チャンビ青少年文学賞の受賞作です。火災事故で姉は亡くなり妹は助けられ生き残ります。高校生になった主人公の物語です。登場人物の心に秘めた感情がひしひしと伝わってきます。感謝と罪悪感そして嫌悪感。...


코시스센터
2023年全羅北道アジア太平洋マスターズ大会
釜山EXPO2030
Korea Net Japanese
オンライン文化院
Hello K! - Youtube
korea net 2022 Dec banner
STAY HOME AND ENJOY K-ARTS