ミカンの味 著者 : チョ・ナムジュ
ニックネーム : Maria 掲示日 : 2022-02-18


4人の中学生から高校にあがるまでを追いかけた物語。それぞれの葛藤が綴られる。韓国名に慣れていなくて、今誰の話だっけ?と何度も登場人物欄をみ返しつつ読み進めた。これは個人的に映像化してほしい。そのほうが誰の話で、誰と誰が仲良くて…と言うのがわかりやすいだろう。タイトルについては後半に種明かしがある。読み終えてタイトルをみると、いい題名をつけたものだ。
私自身も進学校に通っていたから、夜7時までは学校で自習(という名の強制)で勉強し、帰宅後も遅くまで勉強していたから、受験勉強の辛さは理解しているつもりだった。しかし韓国の場合は、ボランティア活動などでポイントを稼がなければいけないという点が日本と異なる。勉強に加えてあらゆる方面にアンテナを伸ばし、活動しなければならないのが大変そうだ。部活にまでそれが及んでいるのだから、いつ息抜きをするのだろうと思ってしまう。この小説では良い意味でテンプレートの家族は出てこない。そして4人は全然違う性格で、きっと読めば自分の中学や高校の頃を思い出すだろう。「ああ、こんな子いたな」というふうに。
最後に、「82年、キム・ジヨン」とはまったく異なり、様々な世代目線で書ける腕を持つ著者の幅の広さにあらためて感嘆した。ただし よくよく振り返ると、行間から社会の見えない圧力につぶされたり、またふくらんだりする人々の生活の空気感のようなものが垣間見える。それで、ああ、これはチョ・ナムジュの作品なんだと気づかされる。

表紙 タイトル
こいぬのうんち クォン ジョンセン
深い感動と自己肯定感を与えてくれる絵本です。韓国ドラマで「犬 ケセッキ」と侮辱される場面をよく見ます。この絵本の主人公はその犬のうんちです。そして、だれからも汚いと、疎外されます。畑の土は作物を生み出...
ソルビム2(男の子編) ペヒョンジュ
女の子編に続き、お正月の晴着、男の子編です。韓国文化院のyoutubでも紹介されていた、お正月の遊びチェギチャギ(韓国式リフティング)をやってる男の子が表紙の裏に登場。ここから、もうワクワクですね。女...
ソルビム(女の子編) ペヒョンジュ
お正月に晴着を着るのは、小さい女の子にとってどんなにわくわくすることでしょう。ページをめくりながら、幼いころに戻って、いっしょにときめくことができます。下着姿の女の子がひとりで、晴着を着てゆきます。最...
声をあげます チョン・セラン
あとがきを見て驚いた。まさにコロナ禍のSFだったのに、2010年に書かれたというから、著者は本当にこの世界を予見していたのかもしれない…。私は表題作の「声をあげます」がいちばん好きだった。それぞれの登...
ミカンの味 チョ・ナムジュ self
4人の中学生から高校にあがるまでを追いかけた物語。それぞれの葛藤が綴られる。韓国名に慣れていなくて、今誰の話だっけ?と何度も登場人物欄をみ返しつつ読み進めた。これは個人的に映像化してほしい。そのほうが...


코시스센터
Busan Expo2030
Korea Net Japanese
オンライン文化院
Hello K! - Youtube
koreanet 2022 Aug banner
STAY HOME AND ENJOY K-ARTS