自分にかけたい言葉~ありがとう~ 저자 : チョン・スンファン
필명 : ruru 게시일 : 2021-11-10


著者のチョン・スンファンさんは、韓国ではSNSを通じて、温かくやさしい癒しの言葉をかけてくれるという人気の本のセラピストだそうです。

韓国の詩の魅力にハマってしまったので、思わずこちらの本にも手が伸びました。詩ではなく、どちらかというとエッセイ集という感じでしょうか。

テーマは「自分を愛する」です。全体的に、若い人に向けた言葉が多いようにも思いますが、年齢と経験を重ねた大人にも響く言葉や文章もたくさんあり、思わずブックマークしたくなるページがありました。

世話しない日常の中で、自分自身に”ねぎらいの言葉”をかけることは、意識しないとなかなかできませんが、

「自分の一番の理解者は自分自身」とも聞きますので、時にはやさしい言葉をかけて、褒めてあげることも必要な事だと気づかさせてくれた本です。

パート1~6までの章に分かれているので、今の自身の心に響くパートを読むこともできます。

韓国の方々が、これほどまでに癒しの言葉を求めているという事は、厳しい現実があるという事でもあると、改めて気づかされました。

표지 제목
王は愛する 全3巻 キム・イリョン
 主人公はウォン。高麗26代忠宣王の世子(世継ぎの王子)時代の名前だ。ウォンの父親は高麗王(25代忠烈王)で、母親は元(モンゴル)より嫁いできた、皇帝クビライカンの娘。いわばウォンは高麗初のハーフ世子...
カステラ パク・ミンギュ
短編小説集で、「カステラ」のほか、タヌキ、キリン、マンボウ、ペリカン、ヤクルトおばさん、ダイオウイカ、など様々なキーワードが、各小説の題名として使われています。それぞれが、何を象徴しているのか、謎解き...
サハマンション チョ・ナムジュ
仮想の都市国家が舞台ですが、韓国や日本、ひいては世界にも問いかけているようでハラハラしながら読みました。格差社会で存在が無いものとして扱われる下層階級のジンギョン達の日常を通して韓国の闇を垣間見た気に...
アーモンド  ソン・ウォンビョン
本屋大賞受賞作品と言うことで手にとって読みました。凄惨な事件で母親を亡くしたにも関わらず悲しむ感情がないユンジェが友人や本屋に出入りする女性との遣り取りのなかで徐々に芽生える感情を上手く書いてる本でし...
自分にかけたい言葉~ありがとう~ チョン・スンファン self
著者のチョン・スンファンさんは、韓国ではSNSを通じて、温かくやさしい癒しの言葉をかけてくれるという人気の本のセラピストだそうです。 韓国の詩の魅力にハマってしまったので、思わずこちらの本にも手...


코시스센터
2024KOREA BEAUTY FESTIVAL
korea net banner
Korea Net Japanese
Hello K! - Youtube
STAY HOME AND ENJOY K-ARTS