応募

応募

文化院ニュース

 
 
掲載日 : [18.11.02]   照会数 : 1090
韓国現代文学読書会2018(12月)課題図書:『春の宵』
 
韓国現代文学読書会2018(12月)課題図書:『春の宵』
ただいま参加者募集中です!!
 
韓国文化院では、12月5日(水)に本年3回目の韓国現代文学読書会を開催します。課題図書は、クォン・ヨソンさんの『春の宵』です。
著者のクォン・ヨソンさんは、1996年にデビュー作の長編小説『青い隙間』で第2回想像文学賞を受賞し、その後もたくさんの文学賞を受賞されている話題の作家です。
今回の読書会で皆様を一緒に語り合って頂くのは、ライターで書評家の倉本さおりさんです。「週刊金曜日」、「小説トリッパー」、「文學界」、「週刊新潮」などの雑誌や「毎日新聞」などでたくさんの書評や書籍紹介をしていらっしゃいます。いつも私たちを本の世界へと導いてくれる倉本さんと直接語り合える大変貴重な機会になると思います。たくさんの皆様の参加をお待ちしております。
 
【12月韓国現代文学読書会 開催概要】
日時:12月5日(水)19:00~
会場:韓国文化院(3階)図書映像資料室(新宿区四谷4-4-10)
募集人数:先着20名様
参加費用:無料
 
○課題図書は、原書(韓国語版)ではなく、日本の出版社から刊行されている日本語版が対象です。
○収録されている7編全てが課題図書の対象になりますので1冊完読の上、ご参加下さい。
○進行はすべて日本語で行います。
○討論の所要時間は2時間弱程度を予定しております。
○参加は無料です。
○参加ご希望の方は、お申し込みの上、必ず課題図書を事前にお読みになり、当日会場へお越し下さい
  
【課題図書】
  『春の宵』(韓国女性文学シリーズ4)
   クォン・ヨソン著、橋本智保訳、書肆侃侃房、1,944円
 
       ★詳細は書肆侃侃房のホームページ    
          http://www.kankanbou.com/books/kaigai/kankokuzy
          oseibungakuseries/0317harunoyoi
)をご覧ください。
       ★お近くの書店、もしくはamazon、紀伊國屋ブックWebなどのオンライン
           書店でお買い求めください。

【モデレーター】
 倉本さおり(くらもと・さおり)ライター・書評家
 『文學界』新人小説月評、毎日新聞文芸時評「私のおすすめ」、『小説トリッパー』クロスレビュー担当、『週刊金曜日』書評委員ほか、『週刊新潮』「ベストセラー街道をゆく!」連載中。『週刊読書人』文芸時評(2015)。共著に世界の8大文学賞 受賞作から読み解く現代小説の今 (2016、立東舎刊)がある。

【お申し込み方法】(参加無料・先着20名様・定員に達し次第締め切らせて頂きます。)
 ※複数人で参加ご希望の方は、お一人ずつ別々にお申し込み下さい。 
①E-Mail
  件名を「12月読書会応募」として、氏名、連絡先(電話番号・メールアドレス)を明記の上、
  b-library@koreanculture.jp宛にメールをお送り下さい。 
②図書映像資料室カウンター
 韓国文化院3階の図書映像資料室の開館時間内にカウンターにお越しの上、申込用紙をご記入下さい。
 
【お問合わせ】
韓国文化院 図書映像資料室
電話:03-3357-6071(火~金 10:30~18:30、土曜日は17:30まで)
メール:b-library@koreanculture.jp
 
 
  [total : 1931] ( 1 / 65 )
番号
タイトル
掲示日
照会数
 
1927
18-10-23
1577
1924
18-10-18
8436
1923
18-10-12
1461