応募

応募

文化院ニュース

 
 
掲載日 : [18.06.12]   照会数 : 4551
翻訳フェスティバル2018 - 世界の言葉をつむぐ人々
 

翻訳フェスティバル2018 - 世界の言葉をつむぐ人々
 
この度、韓国文化院では、韓国専門出版社 クオンと共に、韓国及び世界文学の出版過程を通じて文学の魅力を紹介する「翻訳フェスティバル2018―世界のことばをつむぐ人々」を開催します。
日本は「翻訳大国」と言われ、最近では欧米だけでなく韓国を始めとするアジア語圏の作品、少数言語の作品も続々と紹介されるようになり、大きな反響を呼んでいます。
世界の言葉をつむぐ人たちによって生み出される一冊の翻訳書。ほかの国で生まれた文学作品が日本で出版され読み手に届くまで、その舞台裏を覗いてみませんか?
 
【開催概要】

■日時:2018年7月21日 (土) 13:00~17:00(開場12:30)
■会場:韓国文化院ハンマダンホール
■定員:300名(事前申込制)
■主催:駐日韓国大使館 韓国文化院、株式会社クオン 
■後援:韓国文学翻訳院
 
★参加を希望される方は下記の申込専用ページからお申込ください。
http://honyakufes2018.peatix.com/
 
【開催内容】
Part 1「本が生まれる現場から」(13:00~14:00)
「韓国文学のオクリモノ」「クレストブックス」「エクス・リブリス」「新しい韓国の文学シリーズ」――話題の海外文学を次々とシリーズで送り出している編集者たちが、どんな目線で作品を選んでいるのか、翻訳家との協力関係などをざっくばらんに語ります。
* 登壇者:斉藤典貴(晶文社)、須貝利恵子(新潮社)、藤波 健(白水社)、金承福(クオン)
 
Part 2「翻訳の仕事最前線」(14:10~15:40)
海外文学を日本語で読むことができるのも、翻訳者の存在があってこそ。一つの作品が生まれるまでには翻訳家としてどんな悩みや葛藤、喜びがあるのでしょうか。今回のトークショーでは第一線で活躍している翻訳家が本音トークを繰り広げます。
* 登壇者:天野健太郎(中国語)、金原瑞人(英語)、栗原俊秀(イタリア語)、古川綾子(韓国語)、松永美穂(ドイツ語)
 
Part 3「日本語で読みたい韓国の本 翻訳コンクール」授賞式(15:50~16:50)
第1回「日本語で読みたい韓国の本」翻訳コンクール(主催:株式会社クオン・K-BOOK振興会、後援:韓国文学翻訳院)には国内外から総勢212名ものご応募をいただきました。当日は審査員である中沢けいさん(小説家)、吉川凪さん(翻訳家)、きむふなさん(翻訳家)、温又柔さん(小説家)が今回のコンクールを振り返るとともに、最優秀賞・優秀賞に輝いた3名への授賞式が行われます。
 
 
  [total : 1924] ( 1 / 65 )
番号
タイトル
掲示日
照会数
 
1924
18-10-18
53
1923
18-10-12
536