応募

応募

後援名義

 
韓国の文化やアーティストを紹介する日本国内で行われる単発イベントについて「駐日韓国大使館 韓国文化院」の後援名義の使用をご希望される団体は、次のように申請をしていただく必要があります。
当院の後援名義のご使用を希望される方は、まずはお電話で当院の各分野(舞台芸術、美術、講演、映像など)担当者までご連絡の上、ご相談下さい。
商業的イベントや教育プログラムは別途、大使館本館(03-3452-7611)にお問合せ下さい。
<ご注意>
*申請書は原則的に印刷物入稿1ヶ月以上の時間的余裕のないものは受付できません。
*パンフレット資料など事業内容の詳細資料を必ずご添付下さい。
*事業内容によっては追加資料をお願いすることがありますのであらかじめご了承下さい。
*提出時には必ず団体印、もしくは代表者印を押印の上、原本をご郵送下さい。
 FAXやメールでの受付はしておりません。
*申請が許可された場合、使用許可書をお送りいたします。
*印刷物などへの名義のご使用は許可が下りてからお願いいたします。
*尚、事業終了後、1ヶ月以内に事業報告をご提出いただけますようお願いいたします。
*後援名義の申請に伴い、申請イベントへの韓国文化院長の参席や招待などについては事前に
 ご相談下さい。
*「協力」等の名義使用についても同様の手続きが必要となります。


申請書のお届け先:
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-4-10 駐日韓国文化院 後援名義係
TEL. 03-3357-5970(代表)  FAX. 03-3357-6074

後援名義使用申請書作成例 
 
(後援名義使用申請書作成例)

 年  月  日


駐日韓国大使館 韓国文化院 御中

(申請者)
団体名 印
申請代表者名 印

*申請者は主催者代表名でお願いします。
*団体印、代表者印、いずれかに必ず押印して下さい。


駐日韓国大使館 韓国文化院 後援名義使用許可について(申請)
下記行事の開催に当たり貴団体の後援名義を借用いたしたく、下記の通り申請いたします。
尚、本件の開催に当たり生じる諸問題については主催者がその全ての責任を負います。

- 記 -

1. 開催行事名
2. 事業の主催目的(趣旨)
3. 行事日程、及び会場
  - 日時、もしくは期間(合計日数など)
  - 開催会場 (住所、TEL、会場収容人数など)
4. 行事企画書(参考資料、企画内容など)
  - 参加者数
  - 韓国参加団体(個人)の概要(代表者、担当者)、名簿とプロフィール、来日期間・等
  - その他、後援、助成などの支援を予定している団体名
  - 入場料の有無、及び料金
  - 期待される広報効果
5. 名義の使用目的 ちらし(枚)、パンフレット(部)、看板、HPなど
6. 主催者名、及び団体概要
  - 代表者・肩書き、構成員、創立年、監督官庁、これまでの活動実績な団体の概要
7. 予算書(必須)*添付
8. 担当者連絡先(担当者、住所、TEL、HPなど、連絡窓口)


以上