準備していた心を使い果たしたので、今日はこのへんで 著者 : ホン・ファン
ニックネーム : Maria 掲示日 : 2022-11-29


まずはじめに行っておくと、私は普段は全然、この手のエッセー本は読みません。いつもは感情移入ができないので、こちらのエッセーもそうかな?と半信半疑で読み始めましたが、結果的に、何度も笑いながら楽しく読むことができました。著者の気づきとそれを短い文章に落とし込むセンスが最高に良いです。
すきやきのエピソード、疲れ過ぎて無意識に米を買ってきた話、何も言わずに弁当を作ってくれた妻、の3話が私の中でのトップ3です。絶妙なタイミングで、短めの文章が間、あいだに挟み込まれていてハッとさせられます。
大変な20代を経て、ネガティブなこともポジティブ変換できるようになった著者。
そして、翻訳者の力も大きいと思います。日本語でこんなにスッと入ってくるのは珍しい体験でした。夜寝る前などに少しずつ読み進めるのもオススメです。

表紙 タイトル
天文学者は星を観ない シム・チェギョン
素敵な本だった。フィクションよりもドラマのような内容だった。 教養講義として受講する学生への愛に溢れた教授。 特に第2章は、韓国初の女性宇宙飛行士に対する世間の視線と、今でもこうなのかと思うくらい...
大丈夫じゃないのに大丈夫なふりをした クルベウ
エッセイです。イラストもとてもキレイです。この本の中のエピソードは誰にでも優しくヒントをくれます。今まで自分のことはないがしろにしてたし、最終的に結論を出したり、行動するのはもちろん自分自身なんだけど...
普通のノウル イ・ヒヨン
いわゆるYA(ヤングアダルト)小説だと聞いていましたが、大人でも楽しめる内容でした。日頃、「普通」と言われることに違和感を覚える人、「常識」だと言われることに疑問を持つ人にお勧めします。 主人公は1...
椿の花 (岩波文庫朝鮮短篇小説選) 金 裕貞
     金裕貞 椿の花  岩波文庫 朝鮮短篇小説選(下)収録 この短編小説の面白さは、その語り口の妙にある。 主人公である「おれ」と隣に住む小作管理人の娘チョムスニ。チョムスニは馬の子のよ...
準備していた心を使い果たしたので、今日はこのへんで ホン・ファン self
まずはじめに行っておくと、私は普段は全然、この手のエッセー本は読みません。いつもは感情移入ができないので、こちらのエッセーもそうかな?と半信半疑で読み始めましたが、結果的に、何度も笑いながら楽しく読む...


코시스센터
Korea Net Japanese
Hello K! - Youtube
korea net banner
STAY HOME AND ENJOY K-ARTS