ヒョンナムオッパヘ 著者 : チョ・ナムジュ、他6名
ニックネーム : Maria 掲示日 : 2022-04-21


この本は、フェミニズムをテーマにした7名の作家による短編集である。作家ノートや翻訳者解説が物語や韓国の現代社会の背景を知る手がかりになる。
表題作がとりわけ印象に残った。ヒョンナムさんに精神的に支配されてきた女性が手紙で彼へ決別を告げるスタイルをとっている。大人になり、広い世界を知って、自分がどれだけその人に依存していたかを知る。
他の作品も現代社会で女性たちが感じるモヤモヤをSF調に仕立てることで伝えている。
いちばん重く感じたのは更年期の話で、韓国でも同じ表記をすることを知った。これから、こういう鬱々とした気持ちがくるのかな…と思いながら、主人公の誰にもわかってもらえない気持ちがただただ悲しくなった。
「ハルピュイアと祭りの夜」では、ただ女性であるという理由だけで殺されてしまった2016年のカンナムの事件を思い出した。女性たちがさらされている恐怖が、この小説からは男性陣にもわかるのではないか。
ひとつひとつの話は短いが、考えさせられる物語が多く読むのに時間がかかった。

表紙 タイトル
韓国の美をたどる旅 ペヨンジュン
ヨン様が、1年かけて韓国を回って、写真も文章も自身で準備したそうです。当時、韓国で、韓国語版も買いました。光陽の梅まつりは実際に行ったことがあるので、とても懐かしく、写真も記憶にありました。ヨン様が陶...
ペイント イ・ヒヨン
チャンビ青少年文学賞の『アーモンド』のあと、該当作なしの一年をへて、受賞作品に選ばれた本作。作者が30代で産後うつをわずらったことをきっかけに文章教室に通い始め、作家になったというエピソードに惹かれた...
ミカンの味 チョ・ナムジュ
中学校の映画部で出会った女の子四人の高校進学ミステリー?!韓国の進学事情と済州島のミカンによせた彼女たちの青春に最後まで目が離せない。 また、日常の中で何気無く交わされるちょっとした違和感に切り込ん...
ハヨンガ ハーイ、おこづかいデートしない? チョン・ミギョン
タイトルの「ハヨンガ〜」はもとは男性たちが若い女性に向ける誘い文句で、ある時期からフェミニストサイト「メガリア」の仲間内の挨拶になったそうです。著者は「あなたは現実社会を本当に知っていますか?」と問い...
外は夏 キム・エラン
こちらのひとこと書評で紹介されていたので読んでみました。 短編がいくつか収められています。 どれも決して明るく楽しい内容ではないように思えましたが、韓国の日常(生活)や韓国の方が日頃からど...


코시스센터
Busan Expo2030
釜山EXPO2030
Korea Net Japanese
オンライン文化院
Hello K! - Youtube
korea net 2022 Nov banner
STAY HOME AND ENJOY K-ARTS