82年生まれ、キム・ジヨン 저자 : チョ・ナムジュ
필명 : ちぃ 게시일 : 2022-02-28


 韓国の女性は働き者だ。儒教の教えが浸透している韓国では、社会が目上の人を敬い、子ども、特に男子を大切にすることが求められている。女性はそれらの人々に尽くすことが正しいとされている。
 昔ならその価値観のままでよかったのだろうが、西洋の思想が入って、女性にはさらに仕事や勉強、社会的な地位迄求められるようになっている。日本も同様のジレンマを抱えているが、それは多かれ少なかれ多くの国の女性に共通するものだと思う。
 ジヨンの生い立ちから垣間見える女性としての息苦しさ、それなのに働いて自己実現も図ろうとするところが切ない。
 日本も韓国も国を挙げ、女性の活躍を推進しているように見えるが、自分に関係するところについてはみな昔の価値観を引きづっている。女性が生きにくい世の中はまだまだ続きそうだ。

표지 제목
82年生まれ、キム・ジヨン チョ・ナムジュ self
 韓国の女性は働き者だ。儒教の教えが浸透している韓国では、社会が目上の人を敬い、子ども、特に男子を大切にすることが求められている。女性はそれらの人々に尽くすことが正しいとされている。  昔ならその価...
あめだま ペクヒナ
小学校の読み聞かせ絵本として使用しました。韓国工芸の素朴な韓紙の人形から温かみを感じます。ひとりぼっちの内気な少年が、不思議なあめ玉を口にするたびにいろいろなものの声が聞こえてきます。動物や物にも命が...
こいぬのうんち クォン ジョンセン
深い感動と自己肯定感を与えてくれる絵本です。韓国ドラマで「犬 ケセッキ」と侮辱される場面をよく見ます。この絵本の主人公はその犬のうんちです。そして、だれからも汚いと、疎外されます。畑の土は作物を生み出...
ソルビム2(男の子編) ペヒョンジュ
女の子編に続き、お正月の晴着、男の子編です。韓国文化院のyoutubでも紹介されていた、お正月の遊びチェギチャギ(韓国式リフティング)をやってる男の子が表紙の裏に登場。ここから、もうワクワクですね。女...
ソルビム(女の子編) ペヒョンジュ
お正月に晴着を着るのは、小さい女の子にとってどんなにわくわくすることでしょう。ページをめくりながら、幼いころに戻って、いっしょにときめくことができます。下着姿の女の子がひとりで、晴着を着てゆきます。最...


코시스센터
Korea Net Japanese
Hello K! - Youtube
korea net banner
STAY HOME AND ENJOY K-ARTS