三十の反撃 저자 : ソン・ウォンピョン
필명 : Maria 게시일 : 2022-03-19


就職氷河期で苦しんだ人、非正規雇用で存在意義が感じられない人、就職面接に何度も落ち続けている人の希望の光になるような作品である。主人公は88年生まれの非正規社員。少しでも文化芸術に関わりたくて大企業の文化アカデミー講座の部署にいる。権威がそう簡単には崩れない様や上司には上司なりの苦しみがあるということが細やかに描かれている。権威者側に立った人に対しては、いい椅子に座ったからといって天狗になるな、椅子は椅子でしかないと言うメッセージをおくっている。ウクレレ教室で出会った全く違う背景を持った仲間たちとの共謀はワクワクするが、その終結までたどる過程がリアルで、誰が読んでも登場人物のうちの誰かには共感できるのではないだろうか。すべてのキャラクターが完璧なようでもどこか抜けがあり、憎めない愛らしい存在である。人の一面を見て判断してしまうのではなく、関わり合いの中でこそ人の魅力はみえてくるもの。世の中に自分の存在価値がないように感じている人に寄り添ってくれるような作品である。

표지 제목
三十の反撃 ソン・ウォンピョン self
就職氷河期で苦しんだ人、非正規雇用で存在意義が感じられない人、就職面接に何度も落ち続けている人の希望の光になるような作品である。主人公は88年生まれの非正規社員。少しでも文化芸術に関わりたくて大企業の...
屋上で会いましょう チョン・セラン
最初は、ウェディングドレスにまつわる44のストーリー。中には数行で終わってしまうものも。 レンタルドレスの一生を体験できます。 「ヒョジン」では、日本に留学に来るまでと来てからのヒョジンのエピソー...
女ふたり、暮らしています。 キム・ハナ / ファン・ソヌ
ありそうでなかった女友だち同士の同居。二人とも40代ということで、周囲からは不思議な目で見られたそうだ。部屋の写真が掲載されていて、とても素敵な生活だと思うと同時に、だらしない部分も曝け出していて共感...
それでも素敵な1日 (그래도 괜찮은 하루) 구작가 ク作家
この本は、「障害を克服して自分の道を切り開いていく素敵な方の話だよ」と、韓国の友人からいただきました。この本は、ク作家さんが2歳の時に聴覚を失い、耳が聞こえない自分の代わりに、大きな耳を持つバニーとい...
韓国が嫌いで チャン・ガンミョン
タイトルからして、韓国を悪く言った本なのかと思いきや、そうではなかった。主人公は最初は韓国が嫌いでオーストラリアへ行くが、その目的は後に変わる。「幸せになるため」に、人間らしく扱ってもらえるように。真...


2024talktalkkorea
코시스센터
webzine koreanet
Korea Net Japanese
Hello K! - Youtube
STAY HOME AND ENJOY K-ARTS