応募

応募

フォト・動画ギャラリー

 
グローバル韓流フォーラム2013 「韓日コンテンツ共生のための協力とグローバル」
 開催日 : 13.07.26 ~ 13.07.26 照会数 : 4724
  • イベント会場

  • 主催者挨拶 沈東燮 韓国文化院長

  • 基調発表① 経済産業省 佐合達矢課長

  • 基調発表② S.M.エンターテイメント 金英敏代表理事

  • 基調発表③ KADOKAWA 黒須信彦室長

  • パネルディスカッション①

  • パネルディスカッション②

  • パネルディスカッション③

この度、韓国文化院では、昨年9月に開催しましたシンポジウム「グローバル韓流フォーラム」イベントの第2弾として、韓日のコンテンツビジネスの最前線で活躍されている実務者とコンテンツビジネスの専門家の方々をお迎えし、「韓日コンテンツ共生のための協力とグローバル」と題したシンポジウムを7月26日、当院ハンマダンホールで開催し、大勢の参加者の皆様から好評をいただきました。
この度のシンポジウム「韓日コンテンツ共生のための協力とグローバル」では、2004年の日本での韓国ドラマ「冬のソナタ」の地上波放送による大ヒットなどにより沸き起こった、いわゆる「韓流ブーム」の始まりから10周年という節目の年にあたり、K-POP、映画、韓食、韓国語、韓国旅行など韓国の様々な文化やコンテンツが日本で紹介される中で日本に定着してきた、この10年間の「韓流ブーム」の軌跡を検証するとともに、これらの韓流コンテンツをめぐるビジネスにおける韓国と日本の相互の協力関係の可能性と展望について論議を深めました。

イベントの第一部で行われた基調発表では、まず、経済産業省の佐合文化情報関連産業課長が「現在、日本コンテンツ産業の海外進出を支援するために 170億円規模の‘クールジャパン’政策を推進しているが、今後、韓日両国がお互いの長所を活かしながら協調してアジアの市場に進出すれば相乗效果があるのではないか」と強調されました。
続いて発表されたS.M.エンターテイメントの金英敏代表理事は「コンテンツビジネスの海外進出は、もうどの国のコンテンツということ重要ではなく、どのようなコンテンツがどのように進出するのかが重要だ」と指摘され、「いまやコンテンツと ITの融合時代を迎え、ローカル IT企業の多い韓日中が海外市場攻略するためのプラットホームを共同で構築することも方法ではないか」と提言されました。
KADOKAWAの黒須信彦室長は、「コンテンツの海外進出のためには海外文化及び市場との融合による独自のローカルコンテンツの創出が必要だ」という点を強調されるなど、今後の韓流コンテンツビジネスの発展と海外市場への進出を考える上で参考となるお話しを伺うことができました。

第二部のパネルディスカッションでは、今後、韓国と日本がコンテンツビジネスにおいて共生をするためには人的交流、共同製作やイベントなど多様な形態のビジネス基盤の構築と著作権を含めたコンテンツの権利を保護するための認識共有が重要だという点に討論が集中し、今後の韓流の拡散、及び韓日文化交流の促進の可能性を検討する有意義な場となりました。
まず、韓流10周年実行委員会の横田博委員長は、「去年、韓日間で起きた歴史及び領土問題などのため、現在、日本国内の韓流ビジネスは今までにない難しい状況にあり、 これを乗り越えるために日本国内の韓流ビジネス関連企業で構成された韓流10周年実行委員会を設立し、今までに日本に輸入された 約1,200本の韓国ドラマの中で最優秀賞を決める投票事業などを推進しており、今後も多様な韓流関連事業を開催して行く予定である」というお話しをされました。
また、エイベックス・ミュージック・パブリッシングの谷口元代表取締役社長は「日本は国内コンテンツ市場規模が大きいため、今までは海外に進出する必要性があまり高くなかったが、現在、韓国が先んじているコンテンツの海外市場への進出を参考に、韓国と日本が競争関係ではなく、協力関係を構築していく必要があり、コンテンツの共同製作やイベントなどを共同で推進することが重要である」と強調されました。
続いて、韓国コンテンツ振興院日本事務所長の金泳徳所長は、「現在、韓日両国で開催している国際的なコンテンツ関連イベントを、ヨーロッパや北米などで共同で開催しながら、アジアコンテンツを広めていくことも一つのアイデアであり、また、コンテンツそのものの販売だけではなく、コンテンツを有効的に活用した食品、化粧品などの製造業との連携を推進しながら付加価置のあるコンテンツの開発が必要ではないか」という指摘をされました。

イベントには、一般の観覧者のほか、日本の主要なマスコミや、韓国ドラマ、 K-POPをはじめとする韓流コンテンツビジネスに携わる多くの関係者の方々が参加し、日本における韓流ビジネスに対する高い関心をあらためて確認することができるイベントとなりました。
韓国文化院では、今後ともこのようなイベントを通して、日本の皆様に様々な韓流の魅力をお伝えしていきますので、多くの皆様のご参加をお待ちしております!

関連内容はこちら
 
 
  [total : 576] ( 9 / 58 )
写真
内容
 
photo01
arrow photo

平昌オリンピック大会 成功祈願 特別上映会「国家代表 !?」...

韓国文化院では、来年2月から韓国で開催される「2018年 平昌冬季オリンピック・パラリンピック大会」の開催を11か月後に控え、韓国に最も近い隣国である...

 
photo01
arrow movie

「話してみよう韓国語」東京・中高生大会2017

去る2月11日(土)韓国文化院のハンマダンホールにおいて今年で8回目を迎えた「話してみよう韓国語」東京・中高生大会2017が開催されました。 ...

 
photo01
arrow movie

お正月体験イベント「韓国のお正月の風景2017」

韓国文化院では毎年韓国のお正月(ソルナル)の時期に合わせ、韓国のお正月を体験できるイベントを開催しています。 韓国では、現在でも伝統的な祝日は陰暦で...

 
photo01
arrow movie

演劇「済州日記」日本公演

駐日韓国文化院では、韓国文化産業交流財団と共同で『観光+公演』の新概念コンテンツ演劇「済州日記」日本公演を1月25日(水)にハンマダンホールで開催しま...

 
photo01
arrow movie

駐日韓国文化院 世宗学堂 受講生交流会 2017

去る1月21日(土)午後、韓国文化院ハンマダンホールを会場に駐日韓国文化院 世宗学堂の受講生が一堂に集い交流会が開かれました。 今年は17クラス、約...

 
photo01
arrow movie

2017年新春特別公演「韓日二人舞フェスティバル」

新年明けましておめでとうございます。 2017年新年を祝う韓国文化院の初舞台が1月18日(水)に韓国文化院ハンマダンホールにて開催されました。 ...

 
photo01
arrow movie

「話してみよう韓国語」東京・大学生/一般大会2016 

去る2016年12月10日(土)、韓国文化院のハンマダンホールにて「話してみよう韓国語」東京・学生/一般大会 及び全国学生韓国語スピーチコンテスト20...

 
photo01
arrow movie

韓国文化の再発見 - K-Ribbon Select

韓国の優秀文化商品を海外に紹介する巡回展示「韓国文化の再発見 K-Ribbon Selection」展が韓国文化院ギャラリーMIで開催されています。 ...

 
photo01
arrow movie

K-Arts 振付集団東京公演

韓国文化院ハンマダンホールの今年最後の公演である「K-Arts振付集団東京公演」が12月15日(木)に開催されました。 韓国文化院で紹介される機会が...

 
photo01
arrow movie

チャレンジ・アート・イン・ジャパン2016 環状の岸辺

韓国文化院ではより多くの方々に韓日の芸術教育の成果を紹介すると共に、両国の大学生交流をより一層深めるため、東京藝術大学に在籍している韓国人留学生と日本...