応募

応募

文化院ニュース

 
 
掲載日 : [02.12.03]   照会数 : 4174
スピーチコンテスト・スキット台本はこちら
 
第1回初級学習者のための「話してみよう韓国語」スキット台本

※下記の内容のままでも結構ですが、アドリブを加えて、より楽しい作品に仕上げて頂くのも大歓迎です。小道具も使用OK!


1. 식당에서(2인용)

A : 어서 오세요.
B : 저~ 여기 매운 거 뭐가 맛있어요?
A : 육계장도 맛있고, 매운탕, 김치찌개 다 맛있어요.
B : 그럼 김치찌개 하나하고 공기밥 하나 주세요.
A : 네, 알겠습니다.

A : 여기 있습니다.
B : 아유, 짜~.
저~ 여기요.
A : 네, 손님.
B : 이거 너무 짠데요.
A : 죄송합니다. 다시 해서 드리겠습니다. 잠시만 기다리세요.

A : 여기 있습니다. 맛있게 드세요.
B : 아이고, 짜~. 소금이네, 이거.
저~, 여보세요. 이거 왜 이렇게 짜요?
A : 네? 짜요? 아까 차갑다고 하셔서 데워 왔는데….
B : 데워 왔어요? 그러니까 졸아서 짜잖아요.
A : 아니, 그게 아니라, 그러니까 저는 차다고 들었는데….
짜다, 차다.
B : 짜다, 차다.
A : 네 맞아요. 손님 다시 말해 주세요.
이것은 짜요? 차요?
B : 차요!


2. 메시지 전화(3인용)※「○○」の中には、自由に名前を入れてください

A : 왜 안 오실까?
B : 글쎄요, 벌써 30분이나 지났는데
한번 댁에 전화해 볼까요?
A : 그래요. 그게 좋겠어요.

(따르릉)
B : 여보세요?
(전화 자동 응답기)
C : 죄송합니다. 지금은 전화를 받을 수 없습니다.
삐 소리가 난 후에 용건을 말씀해 주시면 돌아오는 대로 연락 드리겠습니다.

(당황하는 두사람)
B : 어머 어떻게 하지? 자동 응답 전화에요.
A : 그냥 끊으세요.
B : 자동 응답 전화인걸 보니까 아마 댁에 안 계시나 봐요.
지금 이리 오고 계시겠죠.
A : 네, 기다려 봅시다.

(아직 안 옴)
A : 왜 안 오실까요?
B : 역시 다시 전화해서 우리가 여기서 기다리고 있다고 메시지를 남겨 둡시다.

(따르릉)
C : 죄송합니다. 지금은 전화를 받을 수 없습니다.
삐 소리가 난 후에 용건을 말씀해 주시면 돌아오는 대로 연락 드리겠습니다.

A : 여보세요? ○○ 씨
오늘 만나기로 한 ○○하고 ○○인데요.
지금 종로의 가을이라는 카페에서 기다리고 있는데 아직 안 오셔서 전화드렸어요. 이 메시지를 들으시면 연락해 주시겠어요? 안녕히 계세요.


第1回初級学習者のための「話してみよう韓国語」スキット台本(日本語翻訳版)


1. 食堂で(2人用)

A : いらっしゃいませ。
B : あの~、このお店は辛いもので何が美味しいですか。
A : ユッケジャンも美味しいし、メウンタン、キムチチゲも、全部美味しいですよ。
B : なら、キムチチゲ1つと、ご飯1つください。
A : はい、かしこまりました。

A : どうぞ。
B : あらら~、からい(しょっぱい)よ~。
あの~、すみません。
A : はい、お客様。
B : これ、からすぎるんですけど。
A : 申し訳ございません。もう一度調理してまいります。少々お待ちくださいませ。

A : どうぞ。美味しくお召し上がりください。
B : あ~、からい(しょっぱい)~。塩だね、これ。
あの~、もしもし。これ、何でこんなにからい(しょっぱい)んですか?
A : はい?からい(しょっぱい)?先程、冷たいとおっしゃったので火にかけてきたんですが…。
B : 火にかけてきたんですか?だから、汁が減ってからい(しょっぱい)じゃないですか。
A : いや、そうじゃなくて、だから私は冷たいと聞こえたものですから…。
からい(しょっぱい)。冷たい。
B : からい(しょっぱい)。冷たい。
A : はい、合ってます。お客様もう一度言ってください。これはからい(しょっぱい)ですか?冷たいですか?
B : 冷たいです!


2. メッセージ電話(留守番電話)-3人用

A : どうしていらっしゃらないんだろう?
B : そうですね、もう30分過ぎたのに。
一度お宅に電話してみましょうか?
A : そうですね。そうしましょう。

(トゥルルル)
B : もしもし。

(留守番電話の応答メッセージ)
C : 申し訳ございません。ただ今電話に出ることができません。
ピーという発信音の後にご用件をおっしゃっていただければ、戻り次第連絡致します。

(慌てる二人)
B : あら、どうしよう。留守番電話ですね。
A : そのまま切ってください。
B : 留守番電話なのをみると、多分お宅にいらっしゃらないようですね。今こちらに向かっていらっしゃるのでしょう。
A : はい、待ってみましょう。

(まだ来ない)
A : どうしていらっしゃらないんだろう。
B : やはり、もう一度電話して私達がここで待っているとメッセージを入れておきましょう。

(トゥルルル)
C : 申し訳ございません。ただ今電話に出ることができません。
ピーという発信音の後にご用件をおっしゃっていただければ、戻り次第連絡致します。

A : もしもし、○○さん。今日会う事になっている○○と○○です。
  今、鍾路のカウルというカフェで待っているんですが、まだいらっしゃらないので電話しました。このメッセージをお聞きになったら連絡してくださいますか。それでは。

 
 
  [total : 275] ( 10 / 10 )
番号
タイトル
掲示日
照会数