応募

応募

文化院ニュース

 
 
掲載日 : [19.10.02]   照会数 : 1140
韓国文化院 読書会 2019 第1回〔課題図書:外は夏〕
 

韓国文化院 読書会 2019 第1回
課題図書『外は夏』

韓国文化院では、10月23日(水)に本年1回目の韓国文学を楽しむ読書会を開催します。課題図書は、キム・エランさんの『外は夏』です。
『外は夏』は、2018年に韓国の教保文庫で『82年生まれ、キム・ジヨン』に次いで小説部門第2位になったベストセラー作品で、7つの短編により構成されています。
著者のキム・エランさんは、2002年にデビュー以来、数多くの文学賞を受賞されている話題の作家で、今回の課題図書の中にある「沈黙の未来」では韓国を代表する文学賞である「李箱文学賞」を歴代最年少の32歳で受賞され、若い世代の声を代表する若手作家です。
今回の読書会で皆様と一緒に語り合っていただくのは、コラム、書評、インタビューなど幅広い分野で活躍されているフリーライター・書評家の永江朗さんです。
いつも私たちを本の世界へと導いてくれる永江さんと直接語り合える大変貴重な機会になると思います。多くの皆様の参加をお待ちしております。

【韓国文化院 読書会 第1回 開催概要】
日時:2019年10月23日(水)19:00~
会場:韓国文化院 図書映像資料室(3階)(東京都新宿区四谷4-4-10)
募集人数:先着20名様
参加費用:無料

○課題図書は、原書(韓国語版)ではなく、日本の出版社から刊行されている日本語版が対象です。
○収録されている7編全てが課題図書の対象になりますので1冊完読の上、ご参加ください。
○進行はすべて日本語で行います。
○討論の所要時間は2時間弱程度を予定しております。
○参加は無料です。

【課題図書】

『外は夏』
キム・エラン著、古川綾子訳、亜紀書房、1,700円(税別)

★詳細は亜紀書房のホームページ(https://www.akishobo.com/book/detail.html?id=904)をご覧ください。
★お近くの書店、もしくはamazon、紀伊國屋ブックWebなどのオンライン書店でお買い求めください。

 

 


【モデレーター】

永江朗(ながえ・あきら)


フリーライター・書評家
1958年北海道生まれ。
フリーライター、書評家。主な著書に『インタビュー術!』、『51歳からの読書術』、『四苦八苦の哲学』など。



【お申し込み方法】ただいま受付中!
参加無料・先着20名様・定員に達し次第締め切らせていただきます。
※複数人で参加ご希望の方は、お一人ずつ別々にお申し込みください。

①E-Mail
件名を「第1回読書会応募」として、氏名、連絡先(電話番号・メールアドレス)を明記の上、
b-library@koreanculture.jp宛にメールをお送りください。

②図書映像資料室カウンター
 韓国文化院3階の図書映像資料室カウンターにてお申し込みください。(開館時間内のみ)

【お問合わせ】
韓国文化院 図書映像資料室
電話:03-3357-6071(火~金 10:30~18:30、土曜日は17:30まで)
メール:b-library@koreanculture.jp

 
 
  [total : 260] ( 1 / 9 )
番号
タイトル
掲示日
照会数
 
257
19-09-24
1449