応募

応募

韓国関連行事

 
                    
 
掲載日 : [2010-11-22]   照会数 : 3126
イベント名  第2回 日・韓訓読シンポジウム
場所 都道府県  千葉県柏市 会場TEL  04-7173-3761
会場名  麗澤大学
交通アクセス  【1】JR常磐線「南柏駅」下車。東口より徒歩約15分。


【2】東口よりタクシーまたは東武バス(1番乗り場)に乗車、「麗澤大学前」で下車(5分)


期間 2010-12-11 ~ 2010-12-11
主催者  麗澤大学言語研究センター 主催者TEL  04-7173-3761
代表者  藤本 幸夫 FAX番号  04-7173-3737
担当者  鈴木 敦子 メール  RR-Center@reitaku-u.ac.jp
ホームページ    http://r-linc.org/symposium20101211_ja.html
 
 
昨年秋に第1回「日・韓訓読シンポジウム」を開き,好評を博しました。今回はその第2回目で,前年に引き続き第一線でご活躍の日・韓の研究者をお招きいたします。訓読は古代の表記法とも深い関連を有しますので,本年は特に日・韓の木簡研究者にもお越しいただきます。
開催日時:2010年12月11日(土)13:00~18:00
【プログラム】
<開会挨拶>藤本 幸夫 (麗澤大学言語研究センター長)
<基調講演>
小林 芳規 氏(広島大学名誉教授)「宋版一切経に書き入れられた中国の角筆点―醍醐寺蔵本を基に東アジアの経典読誦法を探る―」
<講演>
犬飼 隆 氏(愛知県立大学教授)「日本語表記における音訓交用の精錬史」
栄原 永遠男 氏 (大阪市立大学名誉教授,木簡学会会長) 「出土地から見た歌木簡」
朴 鎮浩 氏(韓国 ソウル大学校助教授) 「華厳経点吐口訣解読の成果と課題」
金 永旭 氏(韓国 ソウル市立大学校教授) 「木簡に見える古代韓国語表記」
<総合討論>
司会:藤本 幸夫,千葉 庄寿(麗澤大学准教授)
<閉会挨拶>
梅田 博之 (麗澤大学名誉教授・前学長)

参加費:無料
定員:100名 (先着順)
参加申し込み
「日・韓訓読シンポジウム参加希望」とお書きの上,氏名・連絡先住所・電話番号・電子メールアドレスをご記入の上,下記までFAXまたはe-mailでお申込みください。お電話での申込受付はしておりません。参加の可否については参加証の発送をもってご連絡させていただきます。電子メールアドレスによるお申し込み:
RR-Center@reitaku-u.ac.jp (麗澤大学 プラザ事務課 研究センター事務室)
FAXによるお申し込み:04-7173-3767 (麗澤大学 プラザ事務課)
定員は100名です。先着順で,定員になりましたら受付を終了させていただきますので予めご了承ください。参加については郵送による「参加証」の発送を以て代えさせていただきます。

参加費:無料
定員:100名 (先着順)
参加申し込み
「日・韓訓読シンポジウム参加希望」とお書きの上,氏名・連絡先住所・電話番号・電子メールアドレスをご記入の上,下記までFAXまたはe-mailでお申込みください。お電話での申込受付はしておりません。参加の可否については参加証の発送をもってご連絡させていただきます。電子メールアドレスによるお申し込み:
RR-Center@reitaku-u.ac.jp (麗澤大学 プラザ事務課 研究センター事務室)
FAXによるお申し込み:04-7173-3767 (麗澤大学 プラザ事務課)
定員は100名です。先着順で,定員になりましたら受付を終了させていただきますので予めご了承ください。参加については郵送による「参加証」の発送を以て代えさせていただきます。
 
 
 
分類
タイトル
場所
期間
 
新宿コリア...
2011.5.5~5.5
東京都
2011.3.26~3.26
浜松アクト...
2011.3.11~3.20
東京
2010.12.26~1.5
大阪府
2010.12.18~12.18
千葉県柏市...
2010.12.11~12.11
岩手県滝沢...
2010.11.13~11.14
東京都新宿...
2010.11.13~11.13
東京都
2010.10.29~10.29
東京都新宿...
2010.10.21~1.22
大阪
2010.9.25~9.25
東京都新宿...
2010.9.18~9.18
東京都新宿...
2010.8.29~8.29
오사카
2010.7.9~7.9