応募

応募

韓国関連行事

 
                    
 
掲載日 : [2010-06-23]   照会数 : 3419
イベント名  第3回百済文化国際シンポジウムat Tokyo Gakugei University
場所 都道府県  東京都小金井市貫井北町4-1-1 会場TEL  042-329-7266
会場名  東京学芸大学 芸術館ホール
交通アクセス  JR中央線武蔵小金井駅北口から東京学芸大学正門行きバスで5分。JR中央線国分寺駅からタクシーで基本料金。
期間 2010-07-02 ~ 2010-07-02
主催者  東京学芸大学  主催者TEL  042-329-7266
代表者  鷲山恭彦 行事実行委員長 FAX番号  042-329-7266
担当者  李 修京(行事企画教員) メール  skdragon@u-gakugei.ac.jp
ホームページ    http://www.u-gakugei.ac.jp/npdf/2010/10_06_18_kudac.pdf
 
 
 日韓の年間往来者数500万人という大交流時代を迎え、我々は急変する国際社会における隣人としての絆を紡いでいます。その交流の足跡をたどれば、今から1600年以前の倭の国と百済との文化的交流に繋がります。
本年、韓国では、百済文化を記念する世界大百済典や王仁博士祭など、百済関連の各種行事や様々な百済文化祭が開催される予定であり、また、日本では、奈良県において平城京遷都1300年祭が開催されるのをはじめ、各地で関連する行事が予定されています。古よりの相互の交流の歴史を確認し、新たな未来志向への交流の時代が始まっています。
 一方、教員養成を担う東京学芸大学では、ますますグローバル化が進展する今日、地球市民の教育を念頭に入れながら、国際交流の絆を深め発展させたいと考えているところです。
 こうした状況を踏まえ、来る7月2日、日本と韓国との交流と出会いの歴史や諸課題等について、未来を見据えた国際シンポジウムを開催します。
 これまで百済文化国際シンポジウムは、2008年に第1回が韓国の公州大学校で、第2回が2009年に奈良教育大学で行われました。そして、第3回目の2010年シンポジウムは、7月に東京学芸大学で、12月に奈良教育大学で行います。
 清新な白鳳・飛鳥という古代文化を咲かせ、発展させてきた日本にとって、異文化との出会いと多文化交流への可能性を拓いた百済文化を再確認することは、今後の日韓の未来作りを共に考える重要な機会になると考えています。
 本シンポジウムが、日韓両国の今後ますますの発展と友好親善のための一助となれば幸いです。多くの皆様の御参加を心からお待ちしています。

 
 
 
分類
タイトル
場所
期間
 
東京都
2011.7.23~7.23
新宿コリア...
2011.5.5~5.5
東京都
2011.3.26~3.26
浜松アクト...
2011.3.11~3.20
東京
2010.12.26~1.5
大阪府
2010.12.18~12.18
千葉県柏市...
2010.12.11~12.11
岩手県滝沢...
2010.11.13~11.14
東京都新宿...
2010.11.13~11.13
東京都
2010.10.29~10.29
東京都新宿...
2010.10.21~1.22
大阪
2010.9.25~9.25
東京都新宿...
2010.9.18~9.18