イム・ユンチャン ピアノ・リサイタル 2022-09-28

イム・ユンチャン ピアノ・リサイタルYUNCHAN LIM Piano Recital 2022
2022年第16回ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールの覇者イム・ユンジャン。18歳でコンクール優勝のを獲得してきた彼は、世界のピアノ界で注目を集める若手演奏家となっている。今回のリサイタルでは、古典作品のギボンズやバッハ、後半にはリストの伝説第1番と第2番、そして”ダンテを読んで -、ソナタ風幻想曲“をを取上げる。日本初来日。

<日程・会場・開演時間・チケット料金>
2022年12月 3日(土)19:00開演(18:00開場/21:00終演予定)
サントリーホール
7:00 p.m., Saturday, December 3rd, 2022 at Suntory Hall
S 6,000  A 4,500  B 3,000  (税込)
<発売日> 10月15日(日)
<主催>  ジャパン・アーツ
<チケット問合わせ先> ジャパン・アーツぴあ0570-00-1212  www.japanarts.co.jp
 
<プログラム>
O.ギボンズ:ソールズベリー卿のパヴァーヌとガイヤルド
J.S.バッハ:シンフォニア BWV787-801 
   ――――――
F.リスト:伝説第1番 小鳥に説教するアッシジの聖フランチェスコ S.175
伝説第2番 水の上を歩くパオラの聖フランチェスコ S.175
巡礼の年 第2年「イタリア」より “ダンテを読んで-ソナタ風幻想曲” S.161/R.10-7
 
<イム・ユンチャン(ピアノ) プロフィール>
「イムはこの曲の魂に到達した」-ラ・セーナ
「イムは百万人に一人の才能である」-ダラス・モーニング・ニュース
 
2022年第16回ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールにおいて、史上最年少(18歳)でゴールド・メダルを受賞、併せて聴衆賞、最優秀新曲演奏賞を受賞。その演奏から現れる「魔法のような力」と「自然で本能的な質」(ラ・セーナ)で、世界中の聴衆を驚嘆させた。審査委員長のマリン・アルソップは「ユンチャンは深い音楽性と驚異的なテクニックを有機的にひとつにすることができる、類稀なアーティストである」と評した。
 
わずか18歳のユンチャンは、流星のように国際的スターダムに駆け上がった。クライバーン・コンクール準決勝におけるリストの超絶技巧練習曲の自由奔放な演奏は、国際的なピアノ界全体で評判を呼び、グラモフォンによって「知的なヴィルトゥオシティとリストの語法への完全なる没入は、まさに超絶的であることを示した」と評された。決勝で演奏したラフマニノフのピアノ協奏曲第3番は、コンクールの中で最も話題を呼び、その演奏動画は
YouTubeを介し世界中で視聴された。動画はわずかひと月で550万回再生を突破し、現在YouTubeにアップされている同曲の中で、最も多い視聴回数を持つ。
一人の批評家は「その後の拍手喝采は終わりなく続いた。ひとりのスターが我々の目の前に出現したのだ」(スィーンアンドハード・インターナショナル)と評した。
 
韓国の始興市生まれ。現在、韓国国立芸術大学に在籍。7歳でピアノを始め、翌年にソウル・アーツ・センターの音楽アカデミーに入学。13歳で韓国国立研究所のオーディションに合格し、教師・指導者のソン・ミンスに出会う。翌年2018年、若いピアニストのためのクリーブランド国際ピアノコンクールで2位及びショパン特別賞を受賞。同年のクーパー国際コンクールでは最少年の参加者として注目を集め、3位と聴衆賞を獲得。クリーブランド管弦楽団との共演の機会を提供される。2019年には最年少の15歳で韓国のユン・イサン国際コンクールで優勝及び二つの特別賞を受賞。
 
これまで韓国全土で演奏しており、韓国オーケストラ・フェスティバル、韓国交響楽団、水原フィルハーモニー管弦楽団、釜山フィルハーモニー管弦楽団等と共演。また、スペインの韓国文化センターに招かれマドリッドで演奏。韓国放送システムによる「2020韓国の若き芸術家たち」のレコーディングに参加し、同年11月にリリースされた。
2022-2023年のクライバーン優勝者ツアーでは4大陸への訪問を予定し、その中にはアメリカのアスペン音楽祭、ラ・ホヤ音楽協会、パフォーミングアーツ・ヒューストン、アジアではソウル・アーツ・センター、台北の国立コンサートホール、KBS管弦楽団、韓国国立交響楽団、ヨーロッパではウィグモア・ホールとルイ・ヴィトン財団が含まれている。
 
場所 都道府県  東京都 会場TEL  03-3505-1001
会場名  サントリーホール
交通アクセス  https://www.suntory.co.jp/suntoryhall/map/
期間 2022-12-03 ~ 2022-12-03
主催者  株式会社 ジャパン・アーツ 主催者TEL  03-3499-8100
代表者  二瓶純一 FAX番号  
eメール   担当者  木戸脇隆史
ホームページ    http://japanarts.co.jp
修正

分類 タイトル 場所 期間
2023第38回日本管打楽器コンクール 東京都 2023.8.7~8.30
劇団青年座第252回公演「黄色い封筒」 東京都 2023.7.5~7.10
第27回 日仏現代国際美術展 東京都 2023.6.14~6.26
アートフェア東京2023 東京都 2023.3.9~3.12
ケアリング/マザーフッド展 2023.2.18~5.7
韓国現代戯曲ドラマリーディング ネクストステップ V... 東京都 2023.1.23~1.29
한국콘텐츠진흥원 일본비즈니스센터 현지직원 채용 ... 2023.1.23~2.12
[オフライン]韓国のお正月の風景2023 2023.1.21~1.21
「韓流ぴあ」2月号 1月20日(金)発売! 2023.1.20~1.20
新年特別企画 韓流20周年 with Fukushi... 2023.1.18~1.18
신년특별기획 한류20주년 with Fukushi... 2023.1.18~1.18
日中韓交流書作展 2022 東京都 2023.1.5~1.9
テハンサラム来日公演 손님풀이(ソンニムプリ) 2022.12.29~12.29
「韓流ぴあ」 1月号 12月22日(木)発売! 2022.12.22~0.0
VOL.6 日韓伝統舞踊交流公演「辟邪進慶」 東京都 2022.12.18~12.18
韓国映画企画上映会~コメディ「大好きだから」 2022.12.15~12.15
古家正亨著「K-POPバックステージパス」12月7日... 2022.12.7~0.0
「韓国の食文化紀行」藤本巧写真展 2022.12.5~12.10
イム・ユンチャン ピアノ・リサイタル self 東京都 2022.12.3~12.3
祈りの響コンサート 東京都 2022.12.1~12.1


코시스센터
2023年全羅北道アジア太平洋マスターズ大会
釜山EXPO2030
Korea Net Japanese
オンライン文化院
Hello K! - Youtube
korea net 2022 Dec banner
STAY HOME AND ENJOY K-ARTS