「韓流ハンドブック」小倉紀蔵・小針進編 発売中! 2007-06-26

韓流ハンドブック
小倉紀蔵・小針進 編 A5変並製/定価1890円

韓流は終わらない。もはや日本に定着した文化なのだ。気鋭の論客たちが韓流の面白さ、楽しさを徹底的に論じ、その魅力の秘密に迫るカルチュラル・スタディーズ。

これまで国際関係を語る際に重要だったのは政治・外交・安全保障・経済・社会の分野であり、そこに文化という分野が加わることはほとんどなかった。しかし、ナショナリズム、グロバリズム、リージョナリズムという三種のベクトルが交錯する現代の国際関係において、トランスナショナルかつナショナルという相反する性格を持つ文化というものの役割をきちんと把握することの重要性は、ますます強く認識されている。韓流に関して、その経緯と内実がきちんと分析・整理され、今後の方向性を示す本格的な書籍が必要ではないか——小倉紀蔵

編者紹介
小倉紀蔵 おぐら・きぞう
1959年生まれ。東京大学文学部ドイツ文学科卒業後、電通勤務を経て、ソウル大 学哲学科博士課程単位取得。専門は韓国を中心とした東洋哲学。現在、京都大学大学 院准教授。著書に『韓国は一個の哲学である』(講談社現代新書)、『韓国、ひき裂かれるコスモス』(平凡社)、『韓国、愛と思想の旅』(大修館書店)、『心で知る、韓国』(岩波書店)、『韓国学のすべて』(共著、新書館)など。

小針進 こはり・すすむ
1963年生まれ。東京外国語大学朝鮮語学科卒業、韓国・西江大学公共政策大学院 修士課程修了、ソウル大学行政大学院博士課程中退。外務省専門調査員(在韓日本大使館)などを経て、現在、静岡県立大学国際関係学部教授。韓国社会論専攻。著書に『韓国人はこ、こう考えている』(新潮新書)、『韓国と韓国人』(平凡社新書)など。

目次
はじめに 小倉紀蔵
1 日韓両国の韓流
日本における韓流 小針進
韓国における韓流 菅野朋子
2 ジャンル別に見る韓流
映画 李相美
テレビドラマ 平林享子
K‐POP 古家正亨
漫画・アニメーション 佐島顕子
出版 中島美奈
現代美術 古川美佳
ビジネスとしての韓流 野崎宗利
3 韓流カルチュラル・スタディーズ
韓流の起源 石井健一
『冬のソナタ』から『チャングム』まで 小川純子
韓国大衆文化の受容 渡邉聡
消費分析 蔡芝栄
ジェンダー 山地久美子
ナショナリズム 小針進
ポストモダン 小倉紀蔵
ミリタリズム 春木育美
政治・外交 小針進
経済 朴根好
儒教 小倉紀蔵
人の動き 羅京洙
歴史認識 小倉紀蔵
韓国語学習熱 ペ・ジョンリョル
日本人ファンの心理分析 李香鎮
韓国における「日流」 金泳徳
在日コリアン 桜井泉
北朝鮮 礒崎敦仁
嫌韓流 小針進
4 キーワードで読み解く韓流
日本大衆文化開放 小針進
韓国政府の大衆文化政策 小針進
民主化運動 羅京洙
新自由主義 羅京洙
金大中政権 北村香葉子
盧武鉉政権 北村香葉子
三八六世代 堀山明子
市民参加型ジャーナリズム 堀山明子
若者とメディア 北村香葉子
インターネット 石井健一
両極化 堀山明子
徴兵制 堀山明子
家族 山地久美子
シングル族 堀山明子
女性性 春木育美
ホモソーシャル 春木育美
親密圏 春木育美
国際結婚 桜井泉
宗教 李元範
愛 小倉紀蔵
涙 菅野朋子
ファンタジー性 中村結美
映画賞 菅野朋子
スクリーン・クォーター制 北村香葉子
5 韓流人物名鑑
〈男優〉
ペ・ヨンジュン 中村結美
チャン・ドンゴン 中村結美
イ・ビョンホン 中村結美
クォン・サンウ 中村結美
チョン・ウソン 中村結美
ソン・スンホン 中村結美
イ・ジュンギ 中村結美
ウォンビン 中村結美
イ・ジョンジェ 中村結美
シン・ハギュン 中村結美
イ・ボムス 中村結美
〈女優〉
チェ・ジウ 菅野朋子
イ・ヨンエ 菅野朋子
チョン・ジヒョン 菅野朋子
シム・ウナ 菅野朋子
ソン・イェジン 菅野朋子
キム・ハヌル 菅野朋子
ソン・ヘギョ 菅野朋子
ムン・グニョン 菅野朋子
キム・ヒソン 菅野朋子
ソン・ユナ 菅野朋子
〈映画監督・演出家〉
ホ・ジノ 李相美
パク・チャヌク 李相美
ポン・ジュノ 李相美
キム・ジウン 李相美
イ・ジョンヒャン 李相美
リュ・スンワン 李相美
カン・ジェギュ 李相美
キム・ギドク 李相美
イ・ジェヨン 李相美
ユン・ソクホ 李相美
〈ミュージシャン〉
BoA 古家正亨
K 古家正亨
チョ・ソンモ 古家正亨
ソン・シギョン 古家正亨
シン・スンフン 古家正亨
Rain(ピ) 古家正亨
イ・スヨン 古家正亨
イ・ヒョリ 古家正亨
キム・ゴンモ 古家正亨
SE7EN 古家正亨
趙容弼 礒崎敦仁
金蓮子 礒崎敦仁
【コラム】
映画にみる日韓の違い 桜井泉
「日流」小説と「韓流」観光 小針進
韓流と日流がもたらしたもの 桜井泉
「代理満足」という韓国ドラマの健康法 小針進
韓流の裏でくすぶる業界人の“嫌韓流” 菊池嘉晃
テレビから見えてくるもの 桜井泉
北朝鮮の“韓流”火付け役は「将軍様」!? 菊池嘉晃
おわりに 小針進

執筆者紹介
事項索引
人名索引

新書館HP http://www.shinshokan.co.jp/
場所 都道府県   会場TEL  
会場名  
交通アクセス  
期間
主催者  (株)新書館 主催者TEL  03-3811-2611
代表者   FAX番号  03-3811-2011
eメール  shin@shinshokan.co.jp 担当者  
ホームページ    http://www.shinshokan.co.jp/
修正

分類 タイトル 場所 期間


韓国の旅行コース
Korea Net Japanese
新型コロナウイルス感染症への国を挙げての対応
オンライン文化院
Hello K! - Youtube
koreanet 2021 NOV banner
STAY HOME AND ENJOY K-ARTS