フィフティ・ピープル 저자 : チョン・セラン
필명 : Maria 게시일 : 2021-12-07


50人もの主人公が出てくる小説は他にはないのでは?読み進めていくうちに、知り合いがどんどん増えていく感じがしておもしろい。そして、韓国で実際に起きた事件も盛り込まれているらしく、なんだか本当にすぐそこで起きているんじゃないかと思わせる小説である。しょっぱなから自分の死を理由に娘の結婚式を華々しい葬式にしてしまう母親が出てきて引き込まれる。病院周辺の話が故に、生と死が主題の話が多く、悲しいはずなのにユーモアを感じる。これから病院で医者や看護師、検査技師たちを見かけたら彼らの日常を妄想してしまいそうだ。私のお気に入りは、オランダ人女性が自分が使われためがねの広告をソウルまで探しにくる話。どれか一つ気に入る人物が見つかるはずだ。

표지 제목
三十の反撃 ソン・ウォンピョン
三十歳頃の私は何を考えていたっけと何十年か前のことを思い起こしながら読みました。やりたかったことをやるための一時的な仕事だったはずなのに、一生懸命取り組んでいるうちにいつの間にか、その思いが無くなって...
ミカンの味 チョ・ナムジュ
中学生の多感な時期を描いた作品。 韓国の進学事情が興味深かったです。読み終わっても主人公4人をまだまだ見守っていたい余韻が残る小説でした。済州島で食べたみかんの味を、彼女たちがいつまでも覚えていたら...
フィフティ・ピープル チョン・セラン self
50人もの主人公が出てくる小説は他にはないのでは?読み進めていくうちに、知り合いがどんどん増えていく感じがしておもしろい。そして、韓国で実際に起きた事件も盛り込まれているらしく、なんだか本当にすぐそこ...
となりのヨンヒさん チョン・ソヨン
読むほどに温かさが心に沁みる短編集。心の奥底に優しく浸透していく文章。大切すぎて黙ってこっそり持っていたくなる作品。隣に住んでいるのが異星人で何もかもが地球人とちがったら?地球の言葉では言い表せられな...
死にたいけどトッポッキは食べたい ペク・セヒ
娘も発達障がいがあり共感出来る部分もあったが年月をかけ死を目の前に誰かの為に生きる事にがむしゃらな私には適していなかったかも。若い頃に出会っていれば共感したと思う。だけれど気持ちが引きずられないように...


2024talktalkkorea
코시스센터
webzine koreanet
Korea Net Japanese
Hello K! - Youtube
STAY HOME AND ENJOY K-ARTS