屋上で会いましょう 저자 : チョン・セラン
필명 : Maria 게시일 : 2022-03-14


最初は、ウェディングドレスにまつわる44のストーリー。中には数行で終わってしまうものも。
レンタルドレスの一生を体験できます。
「ヒョジン」では、日本に留学に来るまでと来てからのヒョジンのエピソードが。20代特有の青臭さを感じます。
「ご存知のようにウニョル」は歴史とバンドと一見関係なさそうで、あいまいに関係しているつながりみたいなものが。
「屋上で会いましょう」には一風変わった婚活儀式をしてしまったけれど、そこから新しいやりがいに奔走する女性が。
「ボニ」では姉を突然死で亡くした妹が友人2人の得意分野から新しいネットワークをつくりだし、広がっていく世界が。
「永遠にLサイズ」では生と死の間を彷徨わざるを得なくなった一人の女性が干し柿とともに。
「ハッピークッキーイヤー」では、中東から来た青年が韓国で摩訶不思議な体験と忘れない恋人との関係が。
それぞれ語られます。
「離婚セール」では、4人の女友達のそれぞれの想いを読者だけが全部汲み取って、彼女らの明るい将来を期待します。
最後の「ヒタイとスイ」は読む人にとっていろいろな対比を作れる作品。さすがだなと思わせられる作品です。短編なので寝る前に一編ずつ読みました。著者の世界観の多様さをまた楽しませてもらいました。

표지 제목
僕の狂ったフェミ彼女 ミン・ジヒョン
タイトルや表紙のインパクトが強すぎて敬遠するかもしれない。躊躇せず、ぜひ手にとってみてほしい。韓国の社会問題を彼女と彼氏の目線から知ることができる。 別れた彼女に4年ぶりにデモ現場で再会した彼氏は、...
「冬のソナタ」で始める韓国語 シナリオ対訳集  安岡明子訳
これは、韓国の本ではないという判断がされるかもしれませんが、私のバイブルですから。何度も見て、セリフが音としては全部耳に残っているのですが、それを文字で見ると、とても新鮮だし、韓国語の理解がすすむとと...
ユンボギの日記  イユンボギ
小学校の図書館から借りて読んだのが最初です。小学校4年生のユンボギは、お母さんが出て行ってお父さんも病気なので、何をしてでも弟や妹を養わなければなりませんでした。貧乏のどん底にいましたが、友達や先生の...
アボジ  キムジョンヒョン
末期がんの宣告を受けたが、家族に打ち明けることがなかなかできない父。家族への愛を言葉ではなかなか上手に表現できない父と、父を理解できない妻と娘。それは、日本の家族にもあてはまる風景で、切なさが伝わって...
韓国の美をたどる旅 ペヨンジュン
ヨン様が、1年かけて韓国を回って、写真も文章も自身で準備したそうです。当時、韓国で、韓国語版も買いました。光陽の梅まつりは実際に行ったことがあるので、とても懐かしく、写真も記憶にありました。ヨン様が陶...


코시스센터
2024KOREA BEAUTY FESTIVAL
Korea Net Japanese
Hello K! - Youtube
korea net banner
STAY HOME AND ENJOY K-ARTS