응모

응모

한국관련행사

 
                    
 
게시일 : [2014-11-04]   조회수 : 6715
이벤트 이름  藝大アーツ・スペシャル「障がいとアーツ」 2014
장소 도도부현  東京都 회장TEL  050-5525-2013
회장이름  東京藝術大学奏楽堂(大学構内)
교통수단  http://www.geidai.ac.jp/access/ueno
기간 2014-12-06 ~ 2014-12-07
주최자  国立大学法人 東京藝術大学 주최자TEL  050-5525-2465
대표자  宮田亮平 FAX번호  
담당자  松下功 메일주소  isaomatsushita@gmail.com
홈페이지    http://www.geidai.ac.jp
 

 
 
藝大21
藝大アーツ・スペシャル 2014

障がいとアーツ


2014年12月6日(土)~7日(日)
《会場》東京藝術大学奏楽堂(大学構内)

※入場無料(全公演)

《趣旨》
東京藝術大学主催「藝大アーツ・スペシャル」では、障がい者の方々と分け隔てなく楽しむことの出来る空間を提示し、現代社会に適合したアートの可能性を探求しています。平成26年度はベトナムで芸術活動を行ってきた障がいを持つアーティストたちと韓国の視覚障がい者によるオーケストラをお招きし、共に楽しむコンサート、展示会、ワークショップ、シンポジウムを開催します。
同時に特別支援学校の生徒たちと東京藝術大学生による共同研究を行い、その成果を奏楽堂の舞台での公演や展示会にて発表します。障がいを持つ生徒たちとの触れ合いの場から、新たな作品を共に創造していきます。
コンサートでは、障がい者とオーケストラの共演のほか、障がい者らにオーケストラの中に座っていただき、共に生きる力を共感しあいます。障がいを持つ芸術家から受ける感動は、すべての人々に生きる力と勇気を与えてくれます。


《イベント・スケジュール》
1日目:12月6日(土)

◆ワークショップ①・・・12:30~14:00(奏楽堂) 定員:先着30名 ※見学可能
 「共に生きる ~みんなで家をつくろう!~」

ビーズやプラ板、アクリル板を使って家をつくりましょう。
筑波大学附属大塚特別支援学校の生徒さんと藝大生の共同制作作品を、一般の方々も参加して完成させます。


◆シンポジウム&ミニ・コンサート・・・14:00~16:00(奏楽堂)         

シンポジウム「障がいを超えて共に生きる」

生きる力、表現する心、障がいを超えて共に生きる社会の現在と未来について、各方面で活躍する専門家の方々と考察します。

パネリスト エム ナマエ(全盲の画家/日本)
      トラン・バン・グィ(身体障がいのグラフィック・デザイナー/ベトナム)
本郷 寛 (彫刻家/本学美術学部芸術学科美術教育専攻教授)
司会    宮廻 正明(日本画家/本学大学院美術研究科文化財保存学専攻教授)

ミニ・コンサート「視覚障がい者による能発表」


◆HEARTS of VISION CHAMBER ORCHESTRA コンサート・・・16:15~17:30(奏楽堂)
 視覚障がいのクラリネット奏者・李相宰氏率いる、韓国の視覚障がい者によるオーケストラ公演。

-プログラム-

オープニング・パフォーマンス ~視覚障がい者による能披露~

J.シュトラウス Ⅱ世 オペレッタ《こうもり》より序曲
B.バルトーク 《ルーマニア民俗舞曲》
E.ワルトトイフェル 《スケーターズワルツ》
アラン・シルヴェストリ 映画「フォレスト・ガンプ 一期一会」テーマ
J.バリー 映画「ダンス・ウィズ・ウルヴズ」より《ジョン・ダンバーのテーマ》
N.ロ―タ 映画「ロミオとジュリエット」(1968)テーマ
M.シュタイナー 映画「風と共に去りぬ」(1939)テーマ
J.ボック ミュージカル「屋根の上のヴァイオリン弾き」より《サンライズ、サンセット》
韓国民謡 《アリラン!アリラン!》


2日目:12月7日(日)

◆ワークショップ②・・・12:30~14:00(第1ホール) 定員:先着50名 ※見学可能
   「            」
   講師:エム ナマエ(画家)
 
全盲の画家、エム ナマエ氏を講師に迎え、アイマスクを付けての絵画体験を行います。
暗闇の中から、どのような絵が生まれるでしょうか。

◆プレ・トーク&ミニ・コンサート・・・14:00スタート 奏楽堂ホール

トーク「パラリンピックのアスリートを迎えて」
    アスリート:     

ミニ・コンサート「筑波大学附属視覚特別支援学校音楽科生徒と藝大生との共演」
  モーツァルト 三重唱《いとしい光、麗しい光よ》《いとしい人よ、お前が遠くにいると》


◆コンサート・・・15:00開演(奏楽堂)

-プログラム-
<第1部>
オープニング・パフォーマンス ~金澤翔子 書の世界~

ヘンデル:歌劇《エジプトのジュリアス・シーザー》よりアリア〈この胸に息のある限り〉
グエン・シン:《ズーコン》《チョンコン》 ダンバウとオーケストラのための協奏曲
J.Sバッハ:《二つのヴァイオリンのための協奏曲》

休憩

<第2部>
※ご挨拶:宮田亮平(東京藝術大学学長)
聞こえる色 ~音を色に変えて~
 M.ラヴェル:《マ・メール・ロワ》
見える音 ~オーケストラの中に入ろう!~
 G.ヴェルディ:歌劇《運命の力》より序曲   ※HEARTS of VISION&藝大フィル合同演奏

出演
 書 揮毫:金澤 翔子
 ソプラノ:橋本 夏季(視覚障がい)
 ダンバウ:グェン・タン・トゥン(視覚障がい/ベトナム)
 ヴァイオリン:川畠成道(視覚障がい)・野口千代光(本学演奏藝術センター准教授)
 指揮:湯浅 卓雄(本学演奏藝術センター教授)
 管弦楽:HEARTS of VISION CHAMBER ORCHESTRA(韓国)、藝大フィルハーモニア

※曲目は都合により変更となる場合がありますので、ご了承ください。
※就学前のお子様の同伴・入場はできませんので、ご了承ください。
※「共に生きる」というテーマのもと、障がい者と健常者にご一緒に客席でお楽しみいただきます。ご理解ください。


《作品展示》
12月6日(土)~7日(日) 奏楽堂
◆知的障がい者による絵画(社会福祉法人愛成会、筑波大学附属大塚特別支援学校、東京都、台東区ほか)
◆ダウン症の書家 金澤祥子の作品…「共に生きる」他1作品
◆ベトナムの身体障がいのグラフィック・デザイナー トラン・バン・グィの作品 …ホワイエ
◆視覚障がいの画家 エム ナマエの作品


《主催》東京藝術大学 http://www.geidai.ac.jp
《助成》平成26年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業助成
《協賛》花王株式会社、株式会社ストライダース、株式会社スタートトゥデイほか
《後援》台東区、台東区教育委員会、公益財団法人日本ダウン症協会、駐日韓国大使館・韓国文化院、
    ベトナム大使館、公益財団法人日本障がい者スポーツ協会ほか、(予定含む)
《協力》Arts Council Korea、筑波大学附属大塚特別支援学校、筑波大学附属視覚特別支援学校音楽科、
    東京都視覚障害者生活支援センター、社会福祉法人愛成会、座・スーパーマーケット
《企画・運営》東京藝術大学演奏藝術センター、東京藝術大学アートイノベーションセンター
《お問い合わせ》東京藝術大学演奏藝術センター  Tel.050-5525-2465 
 
 
 
  [total : 1446] ( 14 / 49 )
분류
제목
장소
기간
 
東京都
2015.2.19~2.19
東京都
2014.12.23~12.23
東京都
2014.12.23~12.23
福岡県 久...
2014.11.30~11.30
神奈川県横...
2014.11.29~11.30
福岡市
2014.11.27~11.27