응모

応募

    ※다음 행사를
    기다려 주시기 바랍니다.

한국관련행사

 
                    
 
게시일 : [2015-08-17]   조회수 : 11636
이벤트 이름  日野原重明プロデュース 「奇跡の歌声に乗せて、愛と生きる力をあなたに 第二弾�
장소 도도부현  東京都 회장TEL  03-5353-0789
회장이름  東京オペラシティコンサートホール
교통수단  http://www.operacity.jp/access/index.php
기간 2015-08-07 ~ 2015-08-07
주최자  ヴォイス・ファクトリイ株式会社 주최자TEL  03-6261-5666
대표자  輪嶋東太郎 FAX번호  
담당자  ㈱コンコルディア 藤橋由紀子 메일주소  wajima@voice-factory.com
홈페이지    http://voicefactory.jp/
 

 
 
●開催趣旨
アジアの歴史で最高のテノールと称されながら、甲状腺のがんにより、人間が声を発するために必要な全ての神経を切断、一時は話すこともできなかった韓国人テノール歌手、ベー・チェチョル。しかし、その歌声に感動を受けた多くの日本人たちが中心となり、その支援を受けて、京都において京都大学名誉教授 一色信彦氏による世界初となる声帯機能回復手術に臨み、厳しいリハビリの後、舞台復帰を果たした。このような状態から声楽家にカムバックした例は、歴史上他になく、まさに奇跡の歌声と呼ばれるに相応しい。
その歌声に心から感動した人の一人、今年104歳を迎える聖路加国際大学名誉理事長の日野原重明氏は「ベーさんの歌声を一人でも多くの人に届けることが、世界平和に命の全てをかける自分にできる貢献」と語り、昨年より積極的にベー・チェチョルの演奏会を自らプロデュース。今年4月、5月に大阪・東京・名古屋で行われたコンサートでも、会場を埋め尽くした聴衆が、総立ちで歓声を上げるという希有な結果となった。
今回の公演は、その第二弾とも言うべきもので、第一部には、ベー・チェチョルの人生を描き、日本、韓国、台湾、香港など、アジア各国のみならず、現在も国際的に上映の続く日韓合作映画「ザ・テノール 真実の物語」(主演:ユ・ジテ、伊勢谷友介他)を上映。二部に日野原氏によるトークと、ベー・チェチョル本人による演奏会という構成。日韓国交正常化50年の歴史の大きな節目となる今年、本行事を通じ、単に映画鑑賞、音楽鑑賞の枠を超えて、人と人の繋がり、国と国との関係を考える。

●東京公演
日時:2015年8月7日(祭) 13:00 開場 13:30 開演
会場:東京オペラシティコンサートホール
チケット料金:6,000(全席指定、税込)
チケット販売  ヴォイス・ファクトリイチケットデスク 03-3230-7770
TOCチケットセンター  03-5353-9999
ぴあ・イープラス・ローソンチケットでも取り扱い          
プログラム  
☆映画上映  「ザ・テノール 真実の物語」(4http://the-tenor.com/ )
(監督 キム・サンマン 出演 伊勢谷友介 ユ・ジテ 北乃きい チャ・イェリョン) 
☆トーク    日野原重明 「今、世界平和のために私たちが出来ること」
☆コンサート ベー・チェチョル    アメイジング・グレイス
タイム・トゥー・セイ・グッバイ
花にねむれ(オリジナル新曲)
愛のうた(日野原重明 作詞・曲)他
※未就学児童入場不可

主催:ヴォイス・ファクトリイ Tel 03-6261-5666 http://www.voice-factory.com
    ザ・シンフォニーホール(大阪公演)
後援:駐日韓国大使館 韓国文化院
協力:滋慶学園グループ /株式会社ソーシャルキャピタル・プロダクション /
Global Wings株式会社
制作協力:株式会社コンコルディア
マネジメント:エス・ピー・エース

●日野原重明 プロフィール
ひのはら・しげあき 明治44年、山口県生まれ。京都帝大医学部卒。専門は心臓病学で日本初の人間ドックを開設するなど予防医学の普及に努める。聖路加国際病院名誉院長、医療秘書教育全国協議会会長ほか。文化勲章受賞。著書多数。

●ベー・チェチョル 裵宰徹 プロフィール
1969年大邸(テグ)に生まれる。ソウルの漢陽(ハニャン)大学を卒業後、イタリアのヴェルディ音楽院を修了。直ちにヨーロッパ各地の声楽コンクールにて優勝を重ねデビュー。その後ヨーロッパ各地の主要歌劇場にて主役を演じ、大きな成功と評価を勝ち取り、「アジアのオペラ史上最高のテノール」と称された。
しかし2005年秋、甲状腺ガンに襲われ、声帯および横隔膜の神経を切断、歌声と共に右側の肺の機能を失う。
その後、多くの日本のファンの支援を受け、音声外科医の世界的権威である京都大学一色信彦名誉教授による声帯機能回復手術を受ける。厳しいリハビリを経て、2008年12月東京にて奇跡ともいえる舞台復帰を果たした。
それ以降医学の常識を超える驚異的な回復を遂げ、現在活発な演奏活動を展開。苦難を越えて響くその歌は「奇跡の歌声」と呼ばれ、聴衆の魂に届く深い感動を与え続けている。
2014年、その人生の軌跡を綴った日韓共同制作による映画「ザ・テノール 真実の物語」が日本と韓国で公開され、その後台湾、香港、イスラエルなど各国で上映が広がっている。
右側の声帯が完全に麻痺した状態で歌っている、世界の歴史でも唯一の声楽家。
 
 
 
 
  [total : 1450] ( 12 / 49 )
분류
제목
장소
기간
 
東京都
2015.10.14~10.18
札幌
2015.10.12~10.12
東京都千代...
2015.10.12~10.12
〒106-...
2015.10.9~10.13
東京都
2015.9.25~2.21
石川県
2015.9.19~9.21
東京都
2015.9.19~9.19
神奈川県
2015.9.13~9.13
大韓民国忠...
2015.7.17~7.26