応募

応募

分野別検索

 
 
  
 
掲載日 : [12.08.10]   照会数 : 8802
第3回極東アジア工芸家日韓交流展 -Target-それぞれの視点ー
 

この度韓国文化院では、『第3回 極東アジア工芸家日韓交流展 「Target-それぞれの視点-」』を開催致します。主催者である極東アジア工芸協議会は、日本や韓国で活動する工芸作家が中心となり2010年に設立されました。アジアの国々の工芸作家が集い互いに交流を図り、素材・技術・表現などに対して自由に討論し、新しい時代のアジア工芸を考察する「場」になることを目的とし展示会やシンポジウム、レクチャーなどの活動を行っています。大阪・釜山に続き3回目となる今回の交流展では、「Target-それぞれの視点-」というテーマのもと、陶芸、染織、金工、漆、木工、ガラス、ジュエリーといった様々な素材や表現の作品が出品されます。それぞれのジャンルで独自の視点を持ち、制作に取り組む日韓両国の工芸作家24人の作品を通じて現在進行形の工芸を感じていただける 展覧会です。
是非とも多くのご関心をお寄せ頂き皆様お誘い合わせの上、会場までお越し下さい。
 
 ○ 日時:2012. 8. 21(火) ~ 8. 31 (金) 10:00 ~17:00 (最終日は15:00まで)
      
※オープニングレセプション:8月21日(火)18:00~
 ○ 
場所:韓国文化院 ギャラリーMI (1F)  ※入場無料・8/26(日)休館
     
  東京都新宿区四谷4-4-10   Tel  : 03-3357-5970
      
(地下鉄丸ノ内線「四谷三丁目駅」1番出口から徒歩3分)
 ○ 
主催:極東アジア工芸協議会        ○ 後援:駐日韓国大使館 韓国文化院
 
○  協賛:韓国観光公社


【関連行事:スライドレクチャー】

● 日時:2012.8.21(火) 13:30-16:00
  ※交流展出品者の中から3名が自身の作品や制作について語ります。
● 
場所:韓国文化院ギャラリーMI(展示会場内)

■ 発表者プロフィール
 ○ 姜 慧柱 (KANG hey-ju) 
   2005   GAS Conference at Adelaide, オーストラリア
           Yukutake Harumi glass workshop T. A (South Australia Uni.), オーストラリア
   2005   富山ガラス造形大展 -特別新人賞, 日本
   2006 日本富山ガラス造形学校 研究課 卒業 (Advance Level Course)
   2006  現代ガラス展-VESSELE展 受賞, 日本

 ○ 奥田 康夫(Okuda Yasuo)
   2008 東京藝術大学大学院美術研究科工芸専攻 ガラス造形研究室修了
   2009~12 東京藝術大学美術学部 ガラス造形研究室教育研究助手
   2008 第3回 現代ガラス大賞展・富山2008 奨励賞
   2011 第51回 日本クラフト展 入選
   2012 第5回 KOGANEZAKI「器のかたち」現代ガラス展 入選
  
 ○ 丸山 祐介(MARUYAMA Yusuke)
   2002   広島市立大学大学院芸術学研究科修了
   2003~2005 広島市立大学非常勤助手
   2006~2009 神戸芸術工科大学実習助手
   2010~現在 横浜美術大学工芸領域助手
   2003~2012 個展9回(清課堂ギャラリー、松屋銀座、渋谷西武、他)
   2009~2011 C-DEPOT Exhibition(スパイラルガーデン、横浜赤レンガ倉庫)
       他、グループ展多数
       京都工芸美術作家協会会員
 
 
  [total : 2023] ( 31 / 68 )
番号
タイトル
掲示日
照会数