応募

応募

分野別検索

 
 
  
 
掲載日 : [12.06.22]   照会数 : 6888
シンポジウム 「3.11いのちと絆-書のちから-」
 

2011年3月11日の東日本大震災から一年がたちました。
今、あらためて災害の規模を実感し、いのちの大切さに想いをはせております。
この度、日韓の有志作家10名が、明日に向って生きる力を伝えるために一堂に会しました。
書の力をもって、より多くの方々に勇気と希望のメッセージを発するためシンポジウムを行います。今回開かれるシンポジウムには、韓国文化と書を中心に素晴らしい先生方をお呼びし、皆さんとの素敵な場を設けました。また、銀座鳩居堂画廊で「NIJIIRO展‐いのちと絆‐」も開催いたします。
是非とも多くのご関心をお寄せ頂き皆様お誘い合わせの上、会場までお越し下さい。
 
〈テーマ〉3.11いのちと絆 —書のちから—
〈日時〉6月26日(火)19:00〜21:00  ※入場自由
〈場所〉韓国文化院ハンマダンホール(2F)
      司会:黒田福美氏(女優)

 
【第1部】映像による作品紹介
韓日出品作家10名のコメント
 
【第2部】「書にまつわる韓国文化」
伊藤亜人先生(早稲田大学教授)
呉 英元先生(二松学舎大学名誉教授)
 
【尺八と詩の朗読】
尺八:クリストファー遙盟(尺八奏者)
朗読:黒田福美氏
 
【第3部】「3.11いのちと絆 —書のちから—」

萱原 晋先生(『書道美術新聞』主筆)
桐山正寿先生(毎日新聞社編集局学芸部)
 
【NIJIIRO展 -いのちと絆-】
会期:2012.6.26(火)~7.1(日) 10:00~19:00(最終日は17:00まで)
会場:東京銀座鳩居堂画廊3F・4F全館
主催:筆鋒企画後援:駐日韓国大使館 韓国文化院
 
 
  [total : 2023] ( 31 / 68 )
番号
タイトル
掲示日
照会数