応募

応募

分野別検索

 
 
  
 
掲載日 : [13.02.12]   照会数 : 7367
武蔵野美術大学・東亜大学校版画交流展
 

武蔵野美術大学・東亜大学校版画交流展
 
版画は一般的に、絵を描く、彫る、刷るという過程があり、各過程の準備作業は複雑で、かなりの時間と労働力が必要なジャンルです。
作業は大変ですが、それぞれの技法の生み出す質感や効果が異なりますので、平面画では味わえない面白さや深さを感じることができます。
今回の展示会では、木版、銅板、石版画、シルクスクリーン版画などの作品を中心にした韓国の若手・中堅の作家と日本の作家による作品を展示します。版画を通じたコミュニティーや交流の場に皆様のご来場をお待ちします。
 
○ 会期:2013. 3. 5(火) ~ 3. 9 (土) 10:00 ~17:00 (最終日は15:00まで)
○ 場所:韓国文化院 ギャラリーMI (1F)  ※入場無料
      東京都新宿区四谷4-4-10   Tel : 03-3357-5970
      (地下鉄丸ノ内線「四谷三丁目駅」1番出口から徒歩3分)
○ 主催:東亜現代版画協会(韓国)
 
 
 
  [total : 2032] ( 28 / 68 )
番号
タイトル
掲示日
照会数
 
1216
13-03-21
10216