応募

応募

分野別検索

 
 
  
 
掲載日 : [14.02.04]   照会数 : 11961
韓国文化院 2014年定期公演シリーズ ~K‐Cultureの魅力~
 

「2014年定期公演シリーズ~K‐Cultureの魅力~」

韓国文化院では、日本国内で活動している韓国人アーティストの方々を迎えて幅広いジャンルの公演を見どころ満載のプログラムで皆様にお届け致します。
今年もK‐Cultureの魅力に触れてみてはいかがでしょうか?どうぞご期待ください!

Part 1 チョウン(ボーカル) 4月2日(水) 19:00
Part 2 ナムサダンノリ 日本支部「マンナム」(風物ノリ) 6月5日(木) 19:00
Part 3 チャン・ウンスク(ボーカル) 7月2日(水) 19:00
Part 4 朴貞子(韓国舞踊) 8月1日(金) 19:00
Part 5 鄭愛鎭(韓国舞踊) 11月7日(金) 19:00
Part 6 李昌燮(サムルノリ) 12月5日(金) 19:00


【公演詳細】

Part1 / 4月2日(水) チョウン / ボーカル

本名: イ・ヒョンギ(LEE HYUNKI)
生年月日 1981年6月10日
慶煕大学 言論情報大学院 文化コンテンツ学科休学中
・発売アルバム  2003年1集『I Will Try』、2004年2集『悲しい恋歌』   
                       2006年3集『反省文』
・デジタルシングルアルバム 2009年 『恋しくなる』
・ドラマOST参加
 2004年 SBSドラマ 「バリでの出来事」OST 『ダメなのか』
 2004年 MBCドラマ 「火の鳥」OST 『私の涙の中に』
 2009年 MBCドラマ「僕の妻はスーパーウーマン」 OST 『時が経てば』
 2011年 MBCドラマ 「爆風の恋人」 OST『こんな愛、もうない』
 2012年 SBSドラマ 「屋根部屋の皇太子」OST 『しばらく経ってから』
 2012年 KBSドラマ 「やさしい男」OST 『良い男です』
   www.jcworld.jp
 
★4月5日(土)名古屋にて開催される「K-POPコンテスト2014 中部大会」へ特別ゲストとして参加します。チョウンさんのミニコンサートへぜひご来場ください。(参加無料)
詳しくはこちらへ➡


Part2 / 6月5日(木) ナムサダンノリ 日本支部「マンナム」/ 風物ノリ

「男寺党(ナムサダン)ノリ」は、両班社会(貴族社会)の非道徳性をおもしろおかしく風刺し、民衆の意識を目覚めさせる役割を果たしてきた庶民から生まれた遊びである。1964年に大韓民国重要無形文化財第3号に指定され、2009年にはユネスコの人類無形文化遺産にも登録された。
「ナムサダンノリ」日本支部の「マンナム」は韓国古典芸能を基に躍動感にあふれ、心に響く打楽器の演奏や踊りなどを日本全国各地で披露している。

www.namsadang.jp


Part3 / 7月2日(水)チャン・ウンスク / ボーカル

1978年韓国でのデビュー曲「チュムル チュオヨ」(踊りましょう)が50万枚の大ヒット曲となる。その後「サラン」「モンニジョ」「タンシネ チョサラン」と立て続けにヒット曲を連発し、一躍トップアイドルへと駆け上がる。

1995年レコード会社のスカウトにより日本でのデビューを果たし、同年「日本有線大賞新人賞」を受賞。以後、19作品のシングル、12作品のアルバムをリリース。2012年からは韓国KBSドラマ「ビョルド タルド タジュケ」「少女サムセン」等のOSTも担当し日韓両国のトップシーンで活躍している。

www.chang-suu.com


Part4 / 8月1日(金)朴貞子(パク・ジョンジャ)/ 韓国舞踊

10歳からクラシックバレエ、12歳から韓国舞踊を習い始め、関西女子短期大学を卒業後、韓国にて宮中舞踊の金千興(人間国宝)に師事。

大阪、京都韓国学校の舞踊講師を経て、東京にて1980年にJPスタジオ(朴貞子韓国舞踊団)を設立。
鳳山仮面劇の金璂洙(人間国宝)、梁蘇云(人間国宝)、シッキム・クッの故朴秉千(人間国宝)の指導を受けた。JPスタジオを率いて韓国の伝統舞踊をベースに創作活動と上演活動を続けている。

jp-studio.net


Part5 / 11月7日(金)鄭愛鎭(チョン・イェジン)/ 韓国舞踊
7歳から韓国舞踊を始め、その人生は舞踊一筋。2009年には大田で行われた、故金大中元大統領の追悼会で「オッチュンモリ シンカルテシンム」という霊魂を極楽往生させ、死を哀悼する舞踊を披露。

京畿道無形文化財 第8号 僧舞・サルプリ 履修者
世界文化芸術大会 大賞
全国舞踊競演大会 群舞大賞
華城才人庁保存会 東京支部 支部長
鄭珉流敎坊チュム 保存会 東京支部 支部長
嶺南敎坊庁保存会 東京支部 支部長
鄭愛鎭韓国舞踊スクール 院長
在日本大韓民国婦人会 東京地方本部 国際伝統文化教室 講師
大泉カルチャースクール 講師

kankoku-dance.com


Part6 / 12月5日(金)李昌燮(イ・チャンソプ)/ サムルノリ

広島県出身。李光壽に師事。
1996年サムルノリ創始者の一人である李光壽が創設した民族音楽院に入団後、韓国国内100回以上、海外10回以上の公演で経験を積む。
2001年より東京に拠点を移し、テレビ朝日「タモリ倶楽部」、演劇「ぼくに炎の戦車を」、NHK「地球ラジオ」などに出演、映画「許されざる者」に音楽参加、
2014年4月「サムルノリ創始者名人李光壽サムルノリ本郷全国ツアー2014」を企画、出演。
オペラシアターこんにゃく座「ネズミの涙」サムルノリ指導。日本全国でサムルノリ・ワークショップも開催している。
samulnori.jp 
 

【お申し込み方法】
韓国文化院のホームページ、FAX、往復はがきのいずれかでお申し込みいただけます。

1. お一人様2名までご応募できます。
2. 各回約1か月前から募集を開始し、公演日約2週間前に締め切ります。
    なお、定員を超えた場合は抽選とさせていただきますので、予めご了承下さい。
3. 当選された方へのみ、公演約1週間前までに確認書をメール、FAX、返信はがきでお送りします。
   落選された方には別途ご連絡をいたしませんので予めご了承ください。
   当落確認のお問い合わせはご遠慮ください。

■ 韓国文化院のホームページ
トップページの「イベント応募コーナー」欄からお申し込みいただけます。

■ FAX
以下必要事項をご記入の上、お申し込みください。
1)お名前、2)連絡先、3)FAX番号、4)希望公演名、5)希望人数(2名まで)
▶ 送り先:03-3357-6074 韓国文化院 2014年定期公演シリーズ Part( )お申し込み係

■ 往復はがき
以下必要事項をご記入の上、必ず往復はがきで締切日必着でお申し込みください。
1)お名前、2)連絡先、3)希望公演名、4)希望人数(2名まで)
▶ 送り先:〒160-0004東京都新宿区四谷4-4-10
 韓国文化院2014年定期公演シリーズ Part( )お申し込み係

■ お知らせ(イベント参加の方々へ)
当院のイベントご招待に当選されながら当日お越しいただけないため生じる空席が、最近目立つようになってきました。当院では、当日お越しいただけない方々をある程度見越して、実数より多めにご招待状を送っておりますが、それでも、ほぼ毎回イベントのご招待から漏れるお客様も少なくありません。

つきましては、ご当選された方で、もしお越しになられない場合は、事前に3日前までにご連絡(03-3357-5970)いただきますようお願い申し上げます。万一、ご連絡いただけないまま当日お越しいただけないケースが続いた方は、イベントへのご招待を制限させていただくこともございますので、あらかじめご了承ください。

一人でも多くの方々にイベントにご参加いただけるよう、皆様方のご理解とご協力をお願い申し上げます。
 
 
 
  [total : 2014] ( 22νmber=3452 / 68 )
番号
タイトル
掲示日
照会数