応募

応募

分野別検索

 
 
  
 
掲載日 : [14.07.18]   照会数 : 5564
第2回 韓国現代小説 読書討論会 
 
第2回 韓国現代小説 読書討論会(受付終了)
 
韓国文化院では、9月18日(木)に第2回 韓国現代小説 読書討論会を開催します
今回のの課題図書は、韓国を代表する作家申京淑(シン・ギョンスク)さんの世界的ベストセラー小説の『母をお願い』(集英社)です。
今回の読書討論会で皆様と一緒に語り合って頂くのは、数々の韓国の小説を日本語に翻訳されていらっしゃいます、きむ ふなさんです。普段、滅多に聞く事の出来ない、翻訳家の視点から作品についての議論を進めて頂けるのではないでしょうか。
日本での韓国小説の翻訳事情も垣間見る事のできる機会になればと思います。読書討論会に参加できる条件は、ただ一つ。「課題図書を事前にお読み頂く事」です。たくさんの皆様からの参加をお待ちしております。

※お陰様で、定員に達しましたので、受付を締め切らせて頂きました。たくさんのご応募ありがとうございました。次回(第3回:設計者)の募集開始までしばらくお待ち下さい。

【課題図書】 

『母をお願い』 申京淑(シン・ギョンスク)著
 
(集英社刊)750円(本体)+税

※課題図書は原書ではなく日本語版になります。

田舎町から都会のソウルにやってきたオンマ(母)が、地下鉄の駅で父と離れ離れになってしまった。以来行方不明となったオンマを残された家族のそれぞれが、思い出と共に捜していく・・・。

韓国で185万部、アメリカでも初版10万部、その他フランス、スペイン等、世界29カ国で版権が取得された世界的ベストセラーの日本語翻訳版です。

詳しくは、集英社のホームページ(http://books.shueisha.co.jp/index.html)をご覧下さい。
お近くの書店、amazon、紀伊國屋ブックWebなどでお買い求め下さい。


【モデレーター紹介】

翻訳家 きむ ふな
韓国生まれ。
韓国の誠信女子大学、同大学院を卒業し、専修大学日本文学科で博士号を取得。現在は日韓の文学作品の紹介と翻訳に携わっている。
翻訳書に、津島佑子・申京淑の往復書簡『山のある家、井戸のある家』(集英社)、孔枝泳『愛のあとにくるもの』(幻冬舎)、 李垠『 美術館の鼠』(講談社)、『いまは静かな時‐韓国現代文学選集』(共訳、トランスビュー)など。韓国語訳書に津島佑子『笑いオオカミ』(第1回板雨翻訳賞)など、著書に『在日朝鮮人女性文学論』(作品社)がある。


【第2回読書討論会 開催概要】
・日時:2014年9月18日(木)19:00~
・会場:韓国文化院(新宿区四谷4-4-10)
・主催:韓国文化院
・募集人数:先着20名様
・参加費用:無料
 
○課題図書は、原書(韓国語版)ではなく、日本の出版社から刊行されている日本語版が対象です。
○進行はすべて日本語で行います。
○討論の所要時間は1時間強程度を予定しております。
○参加は無料です。
○参加をご希望される方は、下記の通り4つのうちいずれかの方法でお申し込みの上、
 課題図書を必ず事前にお読みになり、当日会場へお越し下さい

【お申し込み方法】 ★受付終了★
7月26日をもちまして、定員に達しましたので、受付を締め切らせて頂きました。たくさんのご応募ありがとうございました。

①Eメール
 お名前、連絡先(電話番号・メールアドレス)、参加希望する回・日付、参加人数を明記の上、
   b-library@koreanculture.jp 宛にメールをお送り下さい。
 
②FAX
 お名前、連絡先(電話番号・FAX番号)、参加希望する回・日付、参加人数を明記の上、FAX(03)3357-6073宛
   にFAXをお送り下さい。
 
③図書映像資料室カウンター
 韓国文化院3階の図書映像資料室の開館時間内にカウンターにお越しの上、申込用紙をご記入下さい。

【お問合わせ】 韓国文化院 図書映像資料室 ☎ (03)3357-6071 ✉ b-library@koreanculture.jp
 

 
 
  [total : 2032] ( 20 / 68 )
番号
タイトル
掲示日
照会数
 
1460
14-10-10
7386
1458
14-10-02
7474
1456
14-09-24
9695
1447
14-09-04
6148