ひこうき雲 著者 : キム・エラン
ニックネーム : Maria 掲示日 : 2022-09-19


こちらの書評で気になって、手に取った。ずっしりと重い話が多いのだが、情緒的で、表現が美しく、時折主人公の置かれた悲しい立場から抜け出るような気分になった。私が個人的に衝撃的だったのは、「水中のゴリアテ」と「三十歳」である。前者は、台風で雨が降り続く中、読んだためにその状況と相まって水の世界の怖さと静けさを感じた。後者は、韓国で実際にあったという、大勢の大学生がソウルの一角で従事させられていたマルチ商法を題材にしたものだ。筆者が、事実を知りたいのならニュースを読めば良い。私は個人とそれにまつわる話を書いている、というようなことをあとがきで述べているが、確かにただニュースを聞くよりも、ある特定の個人の話として受け止めた。したがって、客観的にというよりもっと自分に近い知り合いの話のように読めた。貴重な20代の時間を、騙され、合宿の中で飢えながら売りたくもないものを売らざるをえなかった人たちの苦しみは、いかほどだろう。心が苦しくなった。精神的に安定している時に読むことをお勧めする。

表紙 タイトル
椿の花 (岩波文庫朝鮮短篇小説選) 金 裕貞
     金裕貞 椿の花  岩波文庫 朝鮮短篇小説選(下)収録 この短編小説の面白さは、その語り口の妙にある。 主人公である「おれ」と隣に住む小作管理人の娘チョムスニ。チョムスニは馬の子のよ...
準備していた心を使い果たしたので、今日はこのへんで ホン・ファン
まずはじめに行っておくと、私は普段は全然、この手のエッセー本は読みません。いつもは感情移入ができないので、こちらのエッセーもそうかな?と半信半疑で読み始めましたが、結果的に、何度も笑いながら楽しく読む...
私は私のままで生きることにした キム・スヒョン
この本を読んで心が軽くなりました。『私は私のままで生きることにした』誰かと比較して自分自身を嘆いたり人間関係誰かに依存するのではなく、何よりも自分自身を尊重し認めてあげることが人生を豊かにし前向きに幸...
君という生活 キム・ヘジン
「君」と「私」2人の関係の8つの短編集です。名前も性別もでてきません。だからこそ2人の感情の起伏が身近に感じられます。そこに韓国が抱える社会問題がプラスされて重みのある小説になっているのだと思います。...
三十の反撃 ソン・ウォンビョン
父が先に読んで「あなたみたいだ」と言ったので私も読んでみました。父も若いころを思い出したそうです。まさに私も不安定な雇用の状態であり、理不尽なことに対して怒りも感じるのですが、同時にあまりに対するもの...


코시스센터
2023年全羅北道アジア太平洋マスターズ大会
釜山EXPO2030
Korea Net Japanese
オンライン文化院
Hello K! - Youtube
korea net 2022 Dec banner
STAY HOME AND ENJOY K-ARTS