82年生まれ、キム・ジヨン 著者 : チョ・ナムジュ
ニックネーム : シャララ 掲示日 : 2021-11-16


フェミニズムについて考えさせられ、男女同権、平等の考え方そのものについてかつてに比べて前進しているとおもっている部分が実は思いこみで、元からもっている男性側からの自分の価値観を押し付けている部分もあるかもしれないと感じる1冊だった。また、表現や描写が淡々と描かれている分だけ生々しく、自分の身近に起こっている現象ではないかと痛々しく思えた。

韓国、日本そして世界中どの国においても、まだまだ知られていない社会的役割の悲しい現実があるのだろう。それは単純に「男性優位社会だから」で割り切れるものではなく、もっと根深く人がそもそも持っている感情の中に、当人は意識はしなくても存在している差別意識にあるのであろう。

男女平等を十把ひとからげして推進するのはおかしいという人がいる。確かにこれはその人の適性があり、向き不向きのあるため一理あると思っている。

女性が「男だから」の理由で男頼みにするものがいる。一方で男性のなかには「女のくせに」「女性なんだから」と男性のあるべき女性像を押しつけている人もいる。

ここで問題なのは「無意識」に語っていることだ。「らしさ」の基準って何だろうか?

それはきっと育ってきた環境、コミュニティに依存する部分が大きい。男女に対する価値観は常識的であり、あまりこの価値観自体に異議を持ったり、本当だろうかと疑念を抱いたりはしないだろう。それ程に当たり前の常識だからだ。

しかし実際は、個人によってかなり違いがあるように感じる。社会の常識フィルターに隠れて見えにくくなっているのかもしれない。

仕事、家庭、社会のなかでこれからは「男であること」、「女であること」を理由とした大義名分を通すのではなく、「その人本人であること」が理由になるような社会になれば究極的には誰もにとっての社会的平等になっていくのだと思う。

表紙 タイトル
となりのヨンヒさん チョン・ソヨン
読むほどに温かさが心に沁みる短編集。心の奥底に優しく浸透していく文章。大切すぎて黙ってこっそり持っていたくなる作品。隣に住んでいるのが異星人で何もかもが地球人とちがったら?地球の言葉では言い表せられな...
死にたいけどトッポッキは食べたい ペク・セヒ
娘も発達障がいがあり共感出来る部分もあったが年月をかけ死を目の前に誰かの為に生きる事にがむしゃらな私には適していなかったかも。若い頃に出会っていれば共感したと思う。だけれど気持ちが引きずられないように...
彼女の名前は チョ・ナムジュ
チョ・ナムジュ作家の『82年生まれ、キム・ジヨン』の次に発表された作品です。28の女性の物語で綴られています。韓国の社会情勢がとてもよくわかりました。隣の国の情勢に驚いたり、他人事とは思えず共感したり...
アンダー、サンダー、テンダー チョン・セラン
クオン社の「あたらしい韓国の文学」シリーズの1巻。このシリーズは装丁も美しく(オシャレ!)、ついついコンプリートしたくなる魅力を放っている。物語は北朝鮮との国境近いパジュに暮らす男女の若者の物語。世界...
外は夏 キム・エラン
新聞のブックレビューで気になって読みました。亜紀書房のとなりの国のものがたりシリーズのうちの1巻です。「喪失」をテーマにした短編で構成されています。やり場のない悲しみに遭遇しても、日常は同じ時間軸で淡...


韓国の旅行コース
Korea Net Japanese
新型コロナウイルス感染症への国を挙げての対応
オンライン文化院
Hello K! - Youtube
koreanet 2021 NOV banner
STAY HOME AND ENJOY K-ARTS