開館カレンダー:2019/2
1
10:30~18:30
2
11:0~15:0
3
4
5
10:30~18:30
6
10:30~18:30
7
10:30~18:30
8
10:30~18:30
9
10:30~17:30
10
11
12
13
10:30~18:30
14
10:30~18:30
15
10:30~18:30
16
10:30~17:30
17
18
19
10:30~18:30
20
10:30~18:30
21
10:30~18:30
22
10:30~18:30
23
10:30~17:30
24
25
26
10:30~18:30
27
10:30~18:30
28
10:30~18:30

新着・おすすめ資料

 
■ 新着図書  [total : 56]
伝統文化絵本『偉大な遺産』シリーズ 全40巻
(、韓国語)

韓国の伝統文化を紹介する絵本シリーズ。 韓国で出版された子供向けに伝統文化を分かりやすく紹介する絵本です。食べ物、仮面踊り、陶磁器、民謡、韓屋、古墳壁画、パンソリなど、40のテーマ別に伝統文化が紹介されています。絵だけを見ても楽しめますし、言葉も子供向けの絵本ですので、簡単な言葉で書かれていますので、韓国語初級学習者の方でも、語学学習と共に伝統文化まで学ぶ事ができるおすすめのシリーズです。

『世界の教科書シリーズ・韓国の歴史』
(、明石書店製作、2006年、日本語)

明石書店から刊行されている『世界の教科書』シリーズをご紹介します。このシリーズでは、韓国のみならず世界各国の歴史教科書を日本語に翻訳して刊行されています。 その中でも韓国の教科書は、小学校から高校まで、さらに国定教科書から民間版教科書まで多くの種類の教科書の翻訳版が刊行されています。韓国の歴史を基礎から学べる資料をお探しの方は是非ご覧下さい。歴史を学ぶだけではなく、韓国の学生達がどのように歴史を学んでいるのかも垣間見ることのできるシリーズです。

『新版 韓国朝鮮を知る事典』
(伊藤亜人・武田幸男・高崎宗司・大村益夫・吉田光男著、平凡社製作、2014年、日本語)

韓国について調べ物をしたい時に役立つ一冊をご紹介します。 この本は、初版が1987年に出て以来、改訂されて出版されていましたが、今年新版として新たに刊行されました。時代の変化に合わせ、新たに収録された内容も多く、30年前の初版と比べると、収録項目数も46%も増えたそうです。まさに韓国を知るための決定版ともいえる事典です。

各種博物館図録
(、韓国語)

図書映像資料室には、韓国の様々な博物館・美術館の図録が所蔵されています。 韓国 国立中央博物館、古宮博物館、民俗博物館、現代美術館などで開催された企画展図録など多数所蔵されています。図録は非売品となっている物も多く、企画展ですので、時期を逃すとなかなか手に入れるのが難しい場合が多いです。実際に韓国に赴き展示品を鑑賞するのが難しい方は、是非資料室にあるこれら図録をご覧になって下さい。日本語版の図録はありませんが、展示品名など漢字が併記されているケースも多いです。

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14]