応募

応募

    ※次回のイベントを
    お待ちください。

世界文化遺産

 
 
 
■ 国債報償運動記録物
 
韓国の国債報償運動の記録物は国家が借りた債務を国民が返すために1907年から1910年までに起きた国債報償運動の全過程を示す記録物である。
韓国の国民たちは、19世紀末から帝国主義の列強から課せられた外債によりベトナム、インド、ポーランド、エジプトなどの国家も国を失った歴史的な事実に注目していた。韓国の国民は外債による亡国の危機を克服するため、国債報償運動を起こしたわけである。全国民的な寄付運動を通して国家が借りた外債を返すことにより、国民としての責任を果たそうとした。
韓国の国債報償運動の記録物は国家的な危機に自発的に対応しようとする市民的「責任」をありのままに示している歴史的な記録物である。