応募

応募

世界文化遺産

 
 
 
■ 朝鮮王室御宝と御冊
 
ユネスコ世界記録遺産の登載申請の対象は、金・銀・玉に美しい名称を刻んだ御宝、五色の絹に責任を果たすことを訓戒し、悟らせる言葉を書いた教命、玉や竹に冊封したり、美しい名称を授ける言葉を刻んだ玉冊や竹冊、金銅板に冊封する内容を刻んだ金冊などです。
このような冊宝は朝鮮王朝の建国初期から近代まで570余年の間、持続的に制作され奉献された。1392年から1966年まで570余年という長期間にわたり持続的に冊宝を制作し、奉献した例は韓国のみである。