応募

応募

世界文化遺産

 
 
■ 山寺、韓国の山地僧院(2018年登録)
 
山寺(サンサ)は韓半島の南側の地方に位置し、7つの仏教の山地僧院である通度寺(トンドサ)、浮石寺(プソクサ)、鳳停寺(ポンジョンサ)、法住寺(ポップジュサ)、麻谷寺(マゴクサ)、仙巌寺(ソンアムサ)、大興寺(テフンサ)のことをいう。
7世紀から9世紀に創建されたこの7つの寺刹は信仰や霊的修行、僧侶の共同体生活の中心地であり、韓国仏教の歴史的な展開を見ることができる。韓国の多様な仏教信仰が山寺の境内に受け入れられ、歴史的な構造物と篆刻、遺物、文書等にしっかりと残されている。寺刹の運営に現れる自立性と僧侶の教育、韓国の禅仏教の特徴である霊的修行と教理学習の共存等の持続的な伝統に韓国仏教の無形的、歴史的側面を確認することがでる。これらの山寺は朝鮮時代の抑圧と戦乱に及ぶ損傷にも関わらず今日まで信仰と日常的な宗教的実践が生きている中心として残された神聖な場所といえる。