応募

応募

話題の情報

 
掲載日 : [2016-09-02 17:44]   照会数 : 2416
topic_regtop_btn
ハングル古体 螢園 鄭明子
 
 
韓国出身のハングル書芸家「螢園 鄭明子(ヒョンウォン ジョンミョンジャ)」によるハングル書芸本の第二弾。
前回の「宮体」(ハングルの書体)に引き続き、今回は「古体」をまとめた一冊。
李氏朝鮮の国王である世宗大王によって創製されたハングル。その原型に近い四角い形をなす文字を「古体」といい、
男性的で活気のある文字体である。本書には文字の基本となる線の書き方をはじめとし、母音と子音の書き方や
その組み合わせなどを分かりやすく掲載。巻末には作者による作品集も収録。
シンプルに整理されたページからも古体の美しさを垣間見ることができ、古体の教科書としても活用できる一冊。

※韓国では書道のことを書芸という。


<内容>
ご挨拶
1. はじめに
 1-1.古体とは何か?
 1-2.筆の管理の仕方
 1-3.古体の書き方の基本
2. 基本線の書き方
3. 書く練習
 3-1.母音の書き方
 3-2.子音の書き方
 3-3.双子音とギョブ子音の書き方
 3-4.子音と母音の組み合わせ
 3-5.子音と母音とバッチムの組み合わせ
 3-6.二重母音の書き方
4. 様々な大きさの文字を書く練習
5. 古体の生成過程が分かる昔の文献
6. 螢園作品
Epilogue ハングル書芸とカリグラフィー(Calligraphy)の関係
 
●公式ホームページ:  http://aim.aient.asia/
●お問い合わせE-メール:  aicc@aient.jp
 

 
  [total : 749] ( 3 / 25 )
番号
タイトル
掲示日
照会数
 
 
 
 
        topic_regtop_btn