応募

応募

文化院ニュース

 
 
掲載日 : [15.05.27]   照会数 : 9747
韓日・日韓国交正常化50周年記念 スミ・ジョーガラコンサート
 
〔上記の画像をクリックすると拡大イメージをご覧いただけます。〕

2015年韓日・日韓国交正常化50周年記念
スミ・ジョーガラコンサート

韓日のクラシック界を代表するスミ・ジョーと西本智実、そして今後の半世紀の主役である韓日の子供たちがふれあうコンサート「スミ・ジョーガラコンサート」が2015年韓日・日韓国交正常化50周年記念行事として6月22日(月)サントリーホール大ホールにて開催されます。
韓国と日本の音楽の交流の場に皆様をご招待いたします。
皆様のご応募お待ちしております。

◆日時:2015年6月22日(月)19:30
場所:サントリーホール大ホール(〒107-8403 東京都港区赤坂1-13-1 TEL : 03-3505-1001)
主催:大韓民国 外交部
主管:駐日韓国大使館
後援:外務省、文化庁

【出演者プロフィール】
スミ・ジョー(ソプラノ)
ソウル出身。仙和芸術中学・高等学校、ソウル大学音楽科を経て、イタリアのサンタ・チェチーリア音楽院を卒業。
ジョンタ国際コンクール(イタリア・ナポリ)、フランシスコ・ヴィニャス国際コンクール(スペイン・バルセロナ)、プレトリア国際コンクール(南アフリカ共和国)、ヴェローナ国際コンクール(イタリア)など、名だたる国際コンクールで優勝。1986年イタリア・トリエステのヴェルディ劇場でオペラ『リゴレット』のジルダ役で国際舞台にデビュー。
その後、世界的指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンに抜擢されヴェルディのオペラ『仮面舞踏会』を録音し、ザルツブルク音楽祭に出演。
ゲオルグ・ショルティ、ズービン・メータ、ロリン・マゼール、ケント・ナガノのような世界的指揮者と共演し、ミラノのスカラ座、パリのバスティーユ、ガルニエ、ニューヨークのメトロポリタン・オペラ、ロンドンのロイヤル・オペラハウスなどの舞台に立ち、デビュー29年を迎える現在までもヨーロッパをはじめとする世界を行き来しながら活発な活動を繰り広げている。


西本智実(指揮)

イルミナート芸術監督。ジャパンロイヤルチェンバーオーケストラ音楽監督。
大阪音楽大学客員教授。平戸名誉大使第1号。大阪国際文化大使第1号。
ロシア国立交響楽団、現St.ペテルブルクミハイロフスキー歌劇場などで指揮者ポストを外国人で初めて歴任、現在約20数ヶ国から指揮者として招聘。2013年ヴァチカン国際音楽祭史上初めてアジアから招聘、2014年には「才能と芸術性と功績に対して」枢機卿長の名のもと[名誉賞]が最年少で授与され、2015年の招聘も決定。
スミ・ジョー氏とは2010年の初共演以降、カーネギーホールや日本ツアー、ヴァチカン国際音楽祭等でも共演。世界経済フォーラムYGL選出。 ハーバード大学院に奨学金研修派遣され修了。
 


樋口達哉(テノール)

武蔵野音楽大学卒業、同大学大学院修了後ミラノに留学。
E・カルーソー国際声楽コンクール最高位など、受賞歴多数。
1998年ハンガリー国立歌劇場『ラ・ボエーム』ロドルフォ役でオペラデビューを果たし、1999年にはミラノ・スカラ座に出演。その後、メトロポリタン歌劇場管弦楽団、モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団、オマーン王立管弦楽団、国立キューバ・フィルハーモニーオーケストラ等と共演。その他、ボルドー歌劇場、パリ・マドレーヌ寺院でもコンサートに出演。国内では新国立劇場『トスカ』、『蝶々夫人』、『ファルスタッフ』等に出演。東京二期会公演『仮面舞踏会』、『エフゲニー・オネーギン』、『椿姫』、『蝶々夫人』、『夕鶴』、『忠臣蔵』等で常に存在感を示している。2010年にはヴァチカンのサンピエトロ大聖堂での「レクイエム」(三枝成彰作曲)で大成功をおさめる。
「樋口達哉/君のために~Per Te」ソニー・ミュージックダイレクト(LOHASクラシック)をリリース。二期会会員。


イルミナートフィルハーモニーオーケストラ
2013年11月アジアのオーケストラとして史上初めて「ヴァチカン国際音楽祭」「枢機卿音楽ミサ」で演奏。熱狂的に絶賛され、2014年もウィーンフィルと共にメインオーケストラとして演奏した。サン・ピエトロ大聖堂での「ローマ教皇代理ミサ」の模様はヴァチカン放送により世界同時中継され、2015年も招聘が決定している。芸術監督西本智実のもと、受賞歴を多く持つ国内外のオーケストラ首席経験者などの奏者で結成され、国籍・国境を超え今までの既成概念から抜け出した新しいスタイルのオーケストラ。室内楽からイルミナートオペラ・バレエに至る総合芸術を担い、エンターテインメントな舞台作りも特色のひとつで、TV・CMにも出演している。


杉並児童合唱団
杉並児童合唱団(杉児)は、昭和39年に誕生した。時を同じくしてスタートしたNHKの「歌のメリーゴーランド」(後に内容を改定して「歌は友だち」というタイトルで14年間放送)のレギュラー団体として出演。杉児の演奏活動において、常に目標としている「楽しい演奏」は、そのときの体験が原点となっている。
 


ソウル市少年少女合唱団
ソウル市少年少女合唱団は1964年に創立された。
「歌はおいしく、表情は明るく、心は楽しく」を基本精神に、ソウル市を代表するだけにとどまらず、韓国を代表する少年少女合唱団として、年3回の定期演奏会をはじめ、国際交流事業とソウル市及び国際的行事に積極的に参加している。
 

【プログラム(予定)】
≪PART1≫
 ○ オペラ『イーゴリ公』より「ダッタン人の踊り」/ オーケストラ
 ○ オペラ『ロミオとジュリエット』より「私は夢に生きたい」/ スミ・ジョー
 ○ オペラ『闘牛士』より「ああ、お母さん、あなたに申しましょう」/ スミ・ジョー
 ○ オペラ『リゴレット』より「女心の歌」/ 樋口達哉
 ○ オペラ『ガヴァレリア・ルスティカーナ』より間奏曲/オーケストラ
 ○ オペレッタ『メリー・ウィドウ』より「唇は騙して」/スミ・ジョー+樋口達哉

≪PART2≫
 ○「コリアンファンタジー(アリラン)」/オーケストラ
 ○「花の雲の中に」/スミ・ジョー
 ○「同心草」/スミ・ジョー
 ○ 九十九里浜 /樋口達哉
 ○ 景福宮打令 / ソウル市少年少女合唱団
 ○「唱歌・童謡メドレー」 / 杉並児童合唱団
 ○「トゥギャザー」/ ソウル市少年少女合唱団+杉並児童合唱団
 ○「花は咲く」/ ソウル市少年少女合唱団+杉並児童合唱団
 ○『くるみ割り人形』より「花のワルツ」/オーケストラ
 ○ オペラ『トゥーランドット』より「誰も寝てはならぬ」/樋口達哉
 ○ オペラ『ホフマン物語』より「人形の歌」/スミ・ジョー

【お申し込み方法】
韓日音楽交流にご興味のある皆様をご招待します。
観覧を希望される方は韓国文化院のホームページ、FAX、往復はがきのいずれかでお申し込みください。

◇ 募集人員: 00名様(お申し込みはお一人様2名まで)
◇ 申込締切 : 2015年6月4日(木)
* お申し込みが定員を超えた場合は抽選とさせていただきますので、あらかじめご了承下さい。
* 当選された方へのみ、公演1週間前までに確認書をメール、FAX、返信はがきでお送りします。
  公演当日「韓国文化院HP会員受付」にて当選確認書をご確認の上、チケットをお渡しします。
  落選された方には別途ご連絡をいたしませんので予めご了承ください。
   当落確認のお問い合わせはご遠慮ください。

■ 韓国文化院のホームページ
トップページ(www.koreanculture.jp)の「イベント応募コーナー」欄からお申し込みいただけます。
イベントにご応募いただくには会員登録が必要です。
➡会員登録をする(http://www.koreanculture.jp/member_agree.php

■ FAX
以下必要事項をご記入の上、お申し込みください。
(1)お名前、(2)連絡先、(3)FAX番号、(4)希望公演名、(5)希望人数(2名まで)
▶ 送り先:03-3357-6074 韓国文化院 スミ・ジョー ガラコンサート お申し込み係

■ はがき
以下必要事項をご記入の上、必ず往復はがきで締切日必着でお申し込みください。
(1)お名前、(2)連絡先、(3)希望公演名、(4)希望人数(2名まで)
▶ 送り先:〒160-0004東京都新宿区四谷4-4-10  韓国文化院 スミ・ジョー ガラコンサート お申し込み係

 
 
  [total : 1894] ( 1 / 64 )
番号
タイトル
掲示日
照会数