応募

応募

文化院ニュース

 
 
掲載日 : [17.05.22]   照会数 : 4419
韓国文化のある日-親子で作る七宝工芸
 

韓国文化のある日
~ 親子作る七宝工芸 ~
 
韓国では2014年1月から毎月最終水曜日を「文化のある日」とし、誰もが気軽に文化に触れられるよう全国の主な文化施設の無料開放や割引など様々な文化プログラムが実施されています。
この度、駐日韓国文化院では様々な韓国文化に直接触れていただくために「韓国文化のある日~体験イベント」をシリーズで開催します。
その第一弾として韓国の伝統工芸である七宝工芸を親子で体験できる特別講座を実施します。
今回の講座では、韓国の伝統的な七宝工芸品を現代的な生活用品としてアレンジした工芸品を作っていただきます。世界に一つしかない自分だけの作品をぜひ親子で一緒に作ってみませんか。
多くの皆様のご参加をお待ちします。
 
【七宝工芸とは】
韓国の伝統工芸の一つで、古くから王室の生活用品、アクセサリー(かんざし、指輪、ノリゲ)などとして使用されており、金属、火、釉薬を使い窯で焼かれるプロセスを経て作成されることから色や形が変わらないため、昔から代々大切に受け継がれ、所有されて来た所蔵価値の高い工芸品です。
 

【講座概要】
□ 内容:韓国の七宝工芸体験
           (キーホルダーもしくはブローチなどのアクセサリーを作っていただきます。)
□ 期間:2017年6月23日(金)~6月24日(土)
□ 受講時間及び参加人数:100名(各20名× 5回)
  ① 6月23日(金) 15:00 ~ 16:30
  ② 6月23日(金) 17:00 ~ 18:30
  ③ 6月24日(土) 10:30 ~ 12:00
  ④ 6月24日(土) 14:00 ~ 15:30
  ⑤ 6月24日(土) 16:00 ~ 17:30
□ 場所:駐日韓国大使館 韓国文化院4階セミナー室
□ 対象:6/23㊎の講座は大人のみでもご参加いただけます。
           6/24㊏の講座は小学生以上のお子様と参加できる方(大人1、児童2人まで)に限ります。
□ 受講料:無料
□ 主催:駐日韓国大使館 韓国文化院
 
【講師紹介】
パク・スギョン
(社)韓国七宝工芸協会理事長
 - 2010年 弘益大学国際デザイン専門大学院卒業(デザイン経営専攻)
 - 2004年 仁寺洞優秀文化観光商品大展出品
 - 2004年 名品韓流工芸展出品(日本)
 - 2005年 国家象徴デザインコンペ入選
 - 2006年(財)韓国工芸文化振興院金属工芸分科委員
 - 2007年(社)韓国七宝工芸協会理事長就任
 - 2010年 上海ウェディング博覧会韓国工芸代表参加
 - 2013年(社)韓国七宝工芸協会日韓交流展の展示
 - 2015年 韓国コンテンツ振興院諮問委員
            
【申し込み方法】
参加をご希望の方は、タイトルを「七宝工芸参加」とし、本文に
保護者の氏名(漢字、フリガナ)
子供の氏名(漢字、フリガナ、年齢)*大人のみで参加される方は同伴の方の名前を記入
③参加希望日時(上記、受講時間①~⑤から第一希望日時と第二希望日時をご記入ください)
連絡先(電話番号・メールアドレス)
を明記の上、taiken@koreanculture.jpまでメールでお申込みください。
  
◇ 申込締切:2017年6月4日(日)
◇ お申し込みが定員を超えた場合は抽選とさせていただきますので、あらかじめご了承ください。
◇ 当選された方へのみ、開催日1週間前までに確認書をメールでお送りします。
    落選された方には別途ご連絡をいたしませんので予めご了承ください。

◇ お問い合わせ:駐日韓国文化院 03-3357-5970
 
 
  [total : 146] ( 1 / 5 )
番号
タイトル
掲示日
照会数
 
119
16-10-18
7704