応募

応募

文化院ニュース

 
 
掲載日 : [17.07.14]   照会数 : 15878
Drama Original Sounds Korea 2017 with PyeongChang
 

Drama Original Sounds Korea 2017 with PyeongChang
 
この度、駐日韓国文化院と韓国コンテンツ振興院(KOCCA)が、韓流の更なる発展と韓日の文化交流の一層の促進を図るため、日本で人気の韓国ドラマのOSTを歌う韓国の実力派アーティストによるコンサート「Drama Original Sounds Korea 2017 with PyeongChang」を開催いたします。
 
毎年恒例となる本イベントは、韓国ドラマ映像とアーティストのパフォーマンスをシンクロさせるコンサートで毎回人気を博しており、この度のイベントでは、いよいよ来年に迫った韓国の平昌(PyeongChang、ピョンチャン)冬季オリンピックをテーマに、平昌がある江原道で撮影されたドラマ作品のOSTに参加したLYn、MELODY DAY、チョン・ジュニルをはじめとする人気アーティストが集結し、『冬のソナタ』、最近では『太陽の末裔 Love Under The Sun』をはじめ、『師任堂(サイムダン)、色の日記』や『トッケビ(原題)』といった話題作の名場面を彩る楽曲を披露するなど、人気を集めたドラマ挿入歌をまとめてご紹介します。
 
多くの皆様のご観覧をお待ちしております!
 
【イベント概要】
◎ イベント名:Drama Original Sounds Korea 2017 in Japan with PyeongChang
◎ 日 時:2017年8月27日(日)14:30開場 15:30開演
◎ 会 場:中野サンプラザ(東京都中野区中野4-1-1)
◎ 出 演:LYn、MELODY DAY、チョン・ジュニル ほか
◎ 主 催:駐日韓国大使館 韓国文化院、韓国コンテンツ振興院(KOCCA)
◎ 制 作:ぴあ株式会社
◎ 協 力:韓国コンテンツ事業者協議会(KCBA), THE GROOVE ENTERTAINMENT, KBS, MBC
                SBS, tvN、江原道、韓国観光公社
 
★観覧の応募について:観覧無料(事前抽選招待制)
 ・応募方法:7月14日(金)17時より観覧応募の受付開始
  ➡ http://t.pia.jp/pia/events/koreanost(チケットぴあ)
 ・ 募集期間:2017年7月14日(金)17:00 ~ 8月7日(月)23:59
 ・ 応募可能枚数:お一人様2枚まで
 ・ 当選者発表:2017年8月9日(水)18:00よりメール発表後、順次チケットの発送。
 
【お問い合わせ先】
◎ 公演について:韓国コンテンツ振興院 日本ビジネスセンター ✉ koccatokyo_event@kocca.kr
◎ チケットについて:チケットぴあインフォメーション ☎ 0570-02-9111(10:00~18:00)
 
【出演者プロフィール】
 LYn(リン)
2002年11月デビュー。1stアルバム『Have You Ever Had Heart Broken?』をリリース。R&B、ソウル、ファンク、ヒップホップなどブラックミュージックからポップスまで幅広いジャンルを、中低音の繊細かつ迫力ある声質で表現し魅了している。これまでに自身のアルバムを8枚リリース。
参加OSTに『僕の彼女は九尾狐』『太陽を抱く月』『星から来たあなた』『太陽の末裔 Love Under The Sun』『師任堂<サイムダン>、色の日記』など多数。
 

 MELODY DAY(メロディデイ)


ヨウン、イェイン、チャヒ、ユミンの女性4人からなるヴォーカルユニット。2012年、『カクシタルOST Part5』でデビューするが、デビュー前から『主君の太陽』『あなたの声が聞こえる』『いとしのソヨン』など人気ドラマのOSTに参加して人気を博している。この度、『師任堂<サイムダン>、色の日記』の「星の歌」が平昌冬季五輪広報映像のテーマ曲に選ばれた。
 
 
チョン・ジュニル


ジャズピアニストとして活動し、第18回柳在夏音楽競演大会にて銀賞を受賞後、シンガーソングライターとして活動。
韓国で独歩的な感性と音色で「抱いて」、「告白」など、多くの曲が愛されており、最近は韓国で社会現象を巻き起こしたドラマ「トッケビ(原題)」OSTに「初雪」で参加し、大きな反響を呼んでいる。



ム・テウ(god)

godのメインボーカルとして活躍する一方、ソロボーカリスト、プロデューサー、バラエティ番組でのコメンテーターなど活動は多岐に渡り、多大な人気を誇る。
 参加OSTは、『紳士の品格』『IRIS』『ペク・ドンス』『夜警日誌』『華政(ファジョン)』『嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!〜』など多数。高音かつ伸びのある歌声が、ドラマの世界観に深みをもたらす韓国を代表するボーカリスト。

 
 
 
  [total : 115] ( 1 / 4 )
番号
タイトル
掲示日
照会数
 
110
18-03-22
6660
102
17-07-14
15879
101
17-07-06
4417
95
17-04-14
5108
94
17-03-30
6997