応募

応募

文化院ニュース

 
 
掲載日 : [04.07.23]   照会数 : 16995
第1回韓国語教師研修会、生越直樹東大教授も講師に
 
第1回韓国語教師研修会の22日現在の受講申し込み者は13名です。
24日(土)から、全日程・1日ごとの申し込み、いずれも受付けますので、
お早めにお申し込みください。

【8月27日Ⅱの講義ご担当が、生越直樹教授(東京大学)になりました】

募集要項、以下に再送します。プログラムのみ一部変更です。

□会期: 2004年8月23日(月)~8月27日(金) [5日間]
□会場: 財団法人 国際文化フォーラム 会議室
      http://www.tjf.or.jp/jp/aj/aj02basho.htm
      新宿区西新宿2-7-1 新宿第一生命ビル26F
   交通:地下鉄都営大江戸線「都庁前」駅、地下鉄丸ノ内線
      「西新宿」徒歩4分、JR・私鉄各線「新宿」駅西口徒歩15分
□受講対象者: 
    現在、大学・高校・民間講座等で韓国語を指導なさっている方
□受講料: 12,000円(全日程参加) *全日程受講者を優先します。
お支払いは当日会場にて。全日程受講者が定員に達しな
       かった場合、1日ごとの受講者(1日3,000円)を募集します。

□募集期間: 先着順、定員30名(予定)になり次第締切ります。
        7月23日(金)まで 全日程受講者のみ
        7月30日(金)まで 定員に達しない場合、1日ごとの受講
                    者も受け付けます。
□申し込み方法:
次の必要事項を記入し、韓国文化院宛にお申し込
みください(日本語または韓国語)。お申し込みはメールでお願いします。
【申込みに必要な事項】
1. 受講希望: 全日程を原則とします。
         一部の受講を希望する場合、期日を明記。
2. 氏名 [日本語またはハングルで表記し、アルファベット表記を併記]
3. 生年   4. 住所    5. メールアドレス   6. 電話番号
7. 母語(生まれ育ったことば。例:横浜あたりのことば、プサンのことば)
8. 韓国語の教授歴(現在教えている機関を含む韓国語教授歴を記入)
9. 研修に対する要望事項(あれば)

受講者には、講師・事務局との連絡等のために、メーリングリストに参加
していただきます。メールアドレスさえあれば参加できます)。メーリング
リストへの参加をもって正式の受講者とします。

□講義時間(1コマ90分):
Ⅰ. 09:30-11:00 Ⅱ. 11:15-12:45 Ⅲ. 14:00-15:30 Ⅳ. 15:45-17:15

□講師予定者(順不同):計7名
 野間秀樹 (ノマ・ヒデキ:東京外国語大学大学院 教授)
 伊藤英人 (イトウ・ヒデト:東京外国語大学 助教授)
 南潤珍 (ナム・ユンジン:東京外国語大学 助教授)
 趙義成 (チョ・ウィソン:東京外国語大学 専任講師)
 金珍娥 (キム・ジナ:東京外国語大学ほか 講師) 
 生越直樹 (オゴシ・ナオキ:東京大学教授)
 ほか、韓国国立国語研究院より2名の講師を派遣予定

□研修プログラム(予定)
  8月23日(月)
   Ⅰ 序論:日本における韓国語教育の現在 野間秀樹
   Ⅱ 教材論:いかに選ぶか、いかに作るか 野間秀樹
   Ⅲ 発音の実習:単音からプロソディまで 韓国国立国語研究院
   Ⅳ 正書法を教えるために 韓国国立国語研究院
  8月24日(火)
   Ⅰ 文字と発音を教えるために 趙義成
   Ⅱ 文法Ⅰ:助詞(格語尾)を教えるために 南潤珍
   Ⅲ 文法Ⅱ:用言の活用と形を教えるために 野間秀樹
   Ⅳ 教育実習ワークショップ、教授法 野間秀樹+南潤珍
  8月25日(水)
   Ⅰ 語彙Ⅰ:動詞を教えるために 韓国国立国語研究院
   Ⅱ 語彙Ⅱ:形容詞と副詞を教えるために 韓国国立国語研究院
   Ⅲ 韓国語教育のための言語礼節 韓国国立国語研究院
   Ⅳ 読むことを教えるために:正確さを求めて 伊藤英人
  8月26日(木)
   Ⅰ 北朝鮮の言語 韓国国立国語研究院
   Ⅱ 書くことを教えるために 韓国国立国語研究院
   Ⅲ 漢字音と漢字語を教えるために 伊藤英人
   Ⅳ 韓国語教育のための語史と類型論 伊藤英人
  8月27日(金)
   Ⅰ 話すことを教えるために(1):談話論からの接近 金珍娥
   Ⅱ 話すことを教えるために(2):言語行動からの接近 生越直樹
   Ⅲ 教育実習Ⅰ 野間秀樹+金珍娥
   Ⅳ 教育実習Ⅱ 野間秀樹+金珍娥 

初日のみ登録等の手続きがございますので、9:00までにお越しください。
(1日単位の受講者は、初日のみ 9:00までにお越しください)

□宿泊: 宿泊される方は、周辺のホテルにご自分で予約願います。     

□主催後援団体
主催: 駐日大韓民国大使館 韓国文化院 https://www.koreanculture.jp
後援: 財団法人 国際文化フォーラム 
http://www.tjf.or.jp/jp/indexj/indexj.htm

□お問い合わせ: 韓国文化院 清水中一(tel. 03-5476-4971)
shimizuchu@koreanculture.jp

 
 
  [total : 288] ( 9 / 10 )
番号
タイトル
掲示日
照会数