応募

応募

文化院ニュース

 
 
掲載日 : [21.06.18]   照会数 : 1798
駐日韓国文化院 世宗学堂 三行詩大会 結果発表
 

韓国 海外文化広報院50周年記念
駐日韓国文化院 世宗学堂 三行詩大会 結果発表
 
この度、韓国文化院の本部である韓国の海外文化広報院(KOCIS:코시스)の50周年を記念し、海外文化広報院の略字名称である「코시스 コシス」の三文字を使い、韓国語の三行詩大会を世宗学堂の受講生を対象に開催いたしました。
 
★ 三行詩(삼행시:サムヘンシ)とは…
 お題となる3文字の単語の各文字を、各句の頭文字にして作った三行の詩のこと。
日本の言葉遊びの「あいうえお作文」と同じルールです。
 
コロナ禍ゆえに「코로나-コロナ」で始まる作品も多数ありましたが、「코발트블루-コバルトブルー」や「코스모스-コスモス」、「코끼리-象」などの個性あふれる三行詩123作のご応募をいただきました!
応募してくださった皆様、心よりお礼申し上げます。ありがとうございました!
 
本大会に参加された方々の想いを皆様にも一緒に感じていただきたく、2回にわたる審査を経て、優秀作に選ばれた三行詩作品を共有させていただきます。
 
【優秀作】
코가 비뚤어지게 마시고 싶은 기분인데 (浴びる程酒を飲みたい気分なのに)
시어머니는 아직 안 주무실까? (姑はまだ寝ないのかな)
스스럼없이 지내는 사이라도 나는 며느리다 (気兼ねない仲でも嫁と姑の関係)
 
코로나케이션 중인 언택트 수업 (コロナケーション中の非対面授業)
시달리는 일상 생활에 한 줄기 빛 (息苦しい日常に差し込む一筋の光)
스스로 앞으로 나아갈 힘이 솟아난다 (自ずと前に進む力が湧いてくる)
*コロナケーション:コロナと休暇(Vacation)の合成語で、コロナが長期化し、学校の始業延期や授業が
  オンラインに切り替わった期間を休暇になぞらえられた造語
 
코로나 때문에 장기화되는 마스크 생활 (コロナ禍で長期化するマスク生活)
시선은 자연스럽게 눈가에 집중되고 (人の視線は自然に目元へ)
스킨 케어로 노려라 마스크 미인 (スキンケアで狙え、マスク美人)
 
※優秀作、及び抽選に当選された方には6月18日(金)17時までに事務局よりメールにてお知らせいたします。
※副賞は6月24日(木)に発送予定です。
 
【お問合せ】
世宗学堂 事務局 oubo@koreanculture.jp
 
 
 
  [total : 288] ( 1������mber=5674 / 10 )
番号
タイトル
掲示日
照会数