応募

応募

文化院ニュース

 
 
掲載日 : [06.02.20]   照会数 : 14319
3月 韓国映画鑑賞会のご案内
 
(左から「野菊は咲いた」、「一人で廻る風車」)


3月 韓国映画鑑賞会


◆『野菊は咲いた』( 原題=들국화는 피었는데 )
◇日 時 : 2006年3月15日(水) 18:30~
◇監 督 : 李晩熙(イ・マニ)
◇出 演 : 申星一(シン・ソンイル)、李怜玉(イ・ヨンオク)
◇製作年度 : 1974年(110分) 日本語字幕
◇内 容 :
  少年の目を通して見た韓国戦争の悲劇と温かい人間愛を語りかけた、亡き巨匠の秀作。
  1950年6月25日未明、北の大軍が突如として38度線を突破し、南に攻撃をしてきた。38度線に近く、中流家庭で何不自由もなく育っていた無邪気な少年・トリ。その朝、すでに侵攻をはじめていた北の人民軍のことを何も知らずにいたトリは、祖父との別離に始まり、次々と肉親との悲惨な別れを余儀なくされる。 その後、韓国軍のソウル奪還の後に避難先の釜山から家に戻って見ると・・・。

◆『一人で廻る風車』( 原題=혼자 도는 바람개비 )
◇日 時 : 2006年3月28日(火) 18:30~
◇監 督 : 河明中 (ハ・ミョンジュン)
◇出 演 : 高政一(コ・ジョンイル)、安延紅(アン・ヨノン)
◇製作年度 : 1990年(113分) 日本語字幕
◇内 容 : 
  江原道の東海岸の僻村。幼くして父母を亡くした兄弟は、祖母と一緒に暮らす。兄・ナムドは町工場で働き、その兄を慕う弟・ナムシク。この兄弟の隣家には身体が不自由になった父と3姉妹が暮している。町工場で働きながら夜間学校に通うナムドは、国家で生活費を支給してくれる空軍士官学校に進学することを 決心するが、試験に落ちて失意に陥りソウルに行くが・・・。

■会場:韓国文化院大ホール (韓国中央会館8F) 東京都港区南麻布1-7-32  TEL 03-5476-4971

◆入場無料:当日先着150 名(予約不要)
○本編に先立ち18:00頃より文化映画を上映
○交通:地下鉄南北線、大江戸線「麻布十番」駅より徒歩4分、都営バス「二の橋」停留所より徒歩1分


主催 : 駐日韓国大使館 韓国文化院
 
 
  [total : 369] ( 10 / 13 )
番号
タイトル
掲示日
照会数
 
89
06-12-05
13916