応募

応募

文化院ニュース

 
 
掲載日 : [17.01.23]   照会数 : 7363
世界で活躍する韓国を代表する名監督特集③ポエトリー アグネスの詩
 

2017年 韓国映画企画上映会
世界で活躍する韓国を代表する名監督 作品特集 ③ポエトリー アグネスの詩
 
上映作:ポエトリー アグネスの詩(原題:시
□ 日時 : 2017年2月28日(火)①15:00~(開場14:30)、②19:00~(開場18:30)
□ 会場 : 韓国文化院ハンマダンホール (東京都新宿区四谷4-4-10  TEL 03-3357-5970)
□ 監督 : イ・チャンドン
□ 出演 : ユン・ジョンヒ、キム・ジャヨンほか
□ 製作年(上映時間): 2010年(139分)
□ 内容
60代の女性・ミジャは古いアパートで生活保護を受けながら、娘から預かった中学生の孫・チョンウクの面倒を見ている。ある日、偶然に「詩」の講座を受講したことで詩を書く喜びや歌う喜びを初めて知り、詩の世界に没頭していくミジャだったが、その矢先に自分がアルツハイマー型認知症であることが発覚する。一人の初老の女性が「詩」に辿り着くまでの魂の旅路を描いた人間ドラマ。(日本語字幕)
□ 主催 : 駐日韓国大使館 韓国文化院
□ 協力 : 韓国観光公社、韓国コンテンツ振興院   

★イ・チャンドン監督
1954年大邱生まれ。慶北大学師範学部国語教育学科卒業。
教師生活を送った後、小説家として活躍。1993年にTV『あの島に行きたい』の脚本を契機に映画界に進出。1996年に『グリーンフィッシュ』で監督デビューし、多くの映画祭で注目を浴びる。第2作『ペパーミント・キャンディー』(1999年)はカンヌ映画祭で上映、第3作『オアシス』(2002年)はヴェネチア映画祭監督賞を受賞。
2003年から文化観光部長官を務め、韓国の文化政策において重要な役割を果たす。5年ぶりに監督した第4作『シークレット・サンシャイン』(2007年)がカンヌ映画祭コンペティション部門で上映され、主演のチョン・ドヨンが女優賞を獲得し、大きな反響を呼んだ。第5作の『ポエトリー アグネスの詩』(2010年)はカンヌ映画祭で脚本賞を受賞するなど、作家性の強い監督として世界的に活躍している。 

【観覧お申込み要領】
★ 夜の部(19時開始、全席自由席)は事前のお申込みが必要となります。
◇ 観覧を希望される方は韓国文化院ホームページの「イベント応募コーナー」からお申し込み下さい。
 *イベントにご応募いただくには会員登録が必要です。
   ➡ 会員登録をする(http://www.koreanculture.jp/member_agree.php
◇ 募集人員:各回300名様(お申し込みはお一人様2名まで)
◇ 申込締切:2017年2月19日(日)
 * お申し込みが定員を超えた場合は抽選とさせていただきますので、あらかじめご了承ください。
 * 当選された方へのみ、2月21日(火)までに確認書をメールでお送りします。
 
★ 昼の部(15時開始、全席自由席)は事前のお申し込みは不要で、当日先着300名まで観覧が可能です。
◇ 受付は14:30からとなりますので開場時間に合わせてご来場ください。整理券などの配布は予定しておりませんので、あらかじめご了承ください。(満席の際にはご入場をお断りする場合があります。)

※注意事項(昼の部の観覧について)
最近、夜の部の観覧ご招待に当選されながら昼の部を観覧される方がいらっしゃいます。その場合には、イベント開催の3日前までに応募システムを通じて、当選された夜の部のキャンセルの手続きをお願いいたします。事前の手続きがない場合には欠席の扱いとなりますので、くれぐれもご注意ください。(昼の部への振替手続きは行っておりません)
尚、欠席が続いた場合にはイベントへのご招待を制限させていただくこともございますので、あらかじめご了承ください。
 一人でも多くの方々にイベントにご参加いただけるよう、皆様方のご理解とご協力をお願い申し上げます。
 
 
 
  [total : 335] ( 1 / 12 )
番号
タイトル
掲示日
照会数