応募

応募

文化院ニュース

 
 
掲載日 : [20.10.01]   照会数 : 2569
[資料] 韓国の文化分野における新型コロナウイルス感染症に関する対策
 

韓国の文化分野における新型コロナウイルス感染症に関する対策
資料共有

韓国の文化体育観光部により新型コロナウイルス感染症の対策に関する英文レポート「Korea’s policy responses to COVID-19 Building resilience for the cultural sector」が制作されました。
文化分野に携わっている多くの方々にご参考いただける資料ですのでご紹介します。

【レポートの要約内容】
1.文化分野においての新型コロナウイルス感染症による影響
韓国内で初めて新型コロナウイルス感染症が2020年1月に報告されて以来、映画・公演芸術・展示など芸術文化全般に経済的被害を含め、大きな影響を及ぼしており、関連する文化産業は大きな打撃を受けたと推定されている。一方、ウェブ漫画、電子書籍、オンラインによる音楽提供サービスなどの非接触型文化への需要が増え、従来の公演団体も非接触型文化発信への新しいアプローチについても模索している。
 
2.韓国の文化芸術分野の対応
支援のための予算確保、日常生活の中のソーシャルディスタンスに関する詳細な指針の制定・改訂などの予防措置、及び対応のための体系構築、安定的な文化享受のための機会、及び環境造成など様々な対策を準備
 
 Ⅰ.文化的格差の解消
     経済的貧困層のための制度の整備、公共機関のオンラインサービス提供など
 
 Ⅱ.文化芸術家の持続的な創作活動の確保
   融資、創作ファンド、若手芸術家への支援、芸術家雇用保険制度など

 Ⅲ.中小企業への支援
   小規模劇場の支援、投資誘致、諮問、及び相談など

 Ⅳ.分野別アプローチ
   -公演芸術:雇用の保障、芸能団体の救済、観客誘致
   -展示:ギャラリー支援、公共芸術プロジェクト
   -映画:作品の生産の維持、関連人材の確保、映画館支援、映画商品券の提供
   -文化芸術研究団体:運用負担の軽減
     -その他:著作権の保護
 
3.国際協力: 国際機関の役割
  地域、国家によって生じる文化的格差の問題を解決するため、国際機関の役割の重要性を強調
 
4.新しい日常に向けた準備
  -法律、及び規定の整備
  -オンラインプラットフォームへの移行のための芸術部門への資金の支援
  -スマート(デジタル)文化施設
  -非接触型環境における未来産業の育成
  -著作権の保護
 

Korea’s policy responses to COVID-19
Building resilience for the cultural sector(英文, PDF)
➡ ダウンロードする

 
 
 
  [total : 2198] ( 1 / 74 )
番号
タイトル
掲示日
照会数