応募

応募

文化院ニュース

 
 
掲載日 : [10.01.18]   照会数 : 14202
1/31 「話してみよう韓国語」中高生大会にぜひお越しください!
 
1/15(金)に「話してみよう韓国語」東京・中高生大会、学生/一般大会両大会の締切を迎えました。

今年からは、中高生大会が分離して独自大会を開催することになりました。
応募した中高生は全員舞台に立って発表をしていただくというのを前提に、首都圏の高校で韓国語を教えていらっしゃる先生方と、その先生方が呼びかけた高校生時代に「話してみよう韓国語」に応募したことのある大学生OB、OGを中心に構成された「東京・中高生大会実行委員会」が昨年晩夏に発足、広報開始と共に首都圏の様々な高校に参加を呼び掛けていただいた結果、中高生大会には全40組78名の応募をいただくことができました。

一方、学生/一般大会は、大学生の比率が以前より高まり、学生以外では中年から80代にかけての男性など、これまでになかった層からのご応募もいただくことができ、その結果、37組73名からのご応募をいただくことができました。

両大会合わせますと、77組151名となり、東京大会としましては、過去2番目に多いご応募をいただくことができました。初めての試みである「創作スキット部門」には、病院を舞台に非常にユニークで様々な台本が届き、今から大会当日が大変楽しみです。

まずは、今月末日である1月31日に中高生大会が開催されます。実行委員の先生方と学生により手作りの大会で、アトラクションとして大学生のサムルノリサークルの演奏と韓国舞踊なども披露する予定です。

どなたでもご自由にご観覧いただくことができます。
みなさん、ぜひ中高生を応援しに会場までお越しください!

○大会名:「話してみよう韓国語2010」東京・中高生大会
○日時:2010年1月31日(日)12:30~18:00
○主催:「話してみよう韓国語」東京・中高生大会実行委員会
○共催:駐日韓国大使館 韓国文化院
○後援:財団法人国際文化フォーラム、財団法人日本私学教育研究所
○協力:JAKEHS、INFINI JAPAN PROJECT LTD.
○協賛:(株)韓国広場、秀林外語専門学校、(財)アジア学生文化協会、
(有)A・I・C、(株)高電社、(株)白帝社、(株)農心ジャパン、
アシアナ航空(株)、日韓友好協会(株)ほか ※順不同/予定含む

ちなみに、この度ご応募をいただいた高校と大学の名前は下記の通りです。
<中高生大会スキット部門:21校>
⇒このうち、最上位の高校生が「クムホ・アシアナ杯」出場権利を獲得します。

青山学院中等部
八千代松陰高等学校
相模原総合高等学校
淑徳与野高等学校
川崎市立橘高等学校
玉川聖学院高等部
自由の森学園高等学校
神奈川県立鶴見総合高等学校
富士学苑高等学校
神奈川県金沢総合高等学校
光明学園相模原高等学校
神奈川県立愛川高等学校
神奈川県立横浜清陵高等学校
千葉県立成田国際高等学校
二松学舎大学附属沼南高等学校
千葉県立流山おおたかの森高等学校
神奈川県立大師高等学校
神奈川県立大和西高等学校
啓明学園高等学校
千葉県立流山高等学校
創価高等学校

<中高生大会フォトメッセージ部門:3校>
神奈川県立小田原総合ビジネス高等学校
関東国際高等学校
創価高等学校
 
 
  [search : 56] ( 1 / 2 )
番号
タイトル
掲示日
照会数
 
 
 
[1][2]