応募

応募

韓国関連行事

 
                    
 
掲載日 : [2016-02-22]   照会数 : 8411
イベント名  連続セミナー「だから“日中韓”―絆の再発見」
場所 都道府県  東京・六本木 会場TEL  03-3470-4611
会場名  国際文化会館
交通アクセス  http://www.i-house.or.jp/access.html
期間 2016-03-10 ~ 2016-03-10
主催者  公益財団法人日本国際交流センター(JCIE) 主催者TEL  03-3446-7781
代表者  大河原 昭夫 FAX番号  
担当者  若宮 啓文 メール  fujimoto@jcie.or.jp
ホームページ    http://www.jcie.or.jp/japan/gt/jck/
 
 
【事業趣旨】

日本と中国と韓国――。東アジアの三か国は不幸な歴史を乗り越えながら、この半世紀、友好を深めてきました。

漢字文明に代表されるように、この三国は地理的・歴史的・文化的に切っても切れない関係にあります。環境問題や少子高齢化など、国境を超えた深刻な課題にも英知を寄せ合わなければならない時です。

「日中韓の絆」を再発見し、21世紀の世界における役割を見出す――。これからを担う若い世代とともに、そんな道を探りたいと思います。



일본과 중국과 한국. 동아시아의 이웃 국가인 한중일 삼국은 불행한 역사를 극복하고자, 반세기 동안 우호를 촉진해 왔습니다. 하지만, 최근에는 영토 문제와 과거 역사를 둘러싼 골이 깊어지면서, 원활하지 않은 관계만이 떠오르고 있습니다. 정치적 관계는 ‘최악’이라고까지 불리며, ‘반중’, ‘혐한’, ‘반일’ 분위기가 국민들 사이에서도 점차 심화되어 가고 있는 듯 합니다.

그런데, 이대로 한중일 삼국이 서로 충돌만 해도 되는 것일까요? 한자 문명으로 대표되듯이, 삼국은 역사적・문화적으로 뗄레야 뗄 수 없는 관계입니다. 또한, 환경문제와 저출산을 비롯해, 국경을 넘는 21세기적 공통 과제도 존재합니다. 젊은 세대를 중심으로 성장하고 있는 새로운 문화교류에서 놀라움을 느끼기도 합니다.
한편, 최근 몇십년동안 서구를 중심으로 진행되어 온 세계화 속에서 발생한 다양한 문제들에 대해서도, 실은 삼국을 중심으로 한 동양적 사고와 지혜를 활용할 수 있지 않을까요? ‘한중일 간의 유대’를 재발견하고, 21세기 국제사회에서의 역할을 찾아내는 것. 앞으로 다가올 시대를 짊어질 젊은 세대와 함께, 그것들을 찾아보려고 합니다.

2개월에 한 번 개최되는 연속 세미나 <그러니까 ‘한중일’>은, 이러한 목적을 가지고 기획되었습니다. 매번 한중일 삼국에서 초대한 매력 넘치는 게스트들과 함께 토론하고, 이를 미디어를 통해 발신하는 데도 힘쓰도록 하겠습니다.

동아시아의 평화와 번영을 위해, 많은 분들의 관심과 참여를 부탁드립니다.



日中韓関係に新たな進展が期待される2016年最初のセミナーは、「聖徳太子の平和外交に学ぶ」と題し、万葉集研究をはじめとする碩学でいらっしゃる中西進先生と日中の思想史を専門とされる陶徳民先生をスピーカーにお迎えいたします。



604年、聖徳太子は日本で初めての成文法となる十七条の憲法を制定しました。これは、第一条冒頭の「和を以って尊しと為す」の文言に象徴されるとおり、和を尊重した国づくりの指針を示す平和憲法でした。それまでに繰り返した朝鮮出兵の教訓も踏まえたこの平和の規範は、当時の日本の外交態度にも表れました。
中国には遣隋使を送りますが、隋に外交儀礼を非難されるとすぐに改善する柔軟性を持ち合わせていました。



しかし、聖徳太子の没後、663年には白村江(はくすきのえ/はくそんこう)の戦いが勃発し、倭国は唐・新羅に大敗を喫します。また、759年には恵美押勝(藤原仲麻呂)が再び新羅征討を企てたこともありました。



一方で、聖徳太子の目指した国づくりは、後の時代の日本の為政者たちに理想像として繰り返し参照されてきました。政治理念を歌で実現しようとした「万葉集」や「古今和歌集」、「新古今和歌集」といった歌集にもその影響が色濃く見受けられます。

古代までさかのぼって日中韓の古くからの繋がりを再吟味し、聖徳太子の平和外交に学び、現代の日中韓関係を考えます。





【開催概要】

日 時:2016年3月10日(木)18:00~20:00

場 所:国際文化会館 岩崎小彌太記念ホール(東京都港区六本木5-11-16)

テーマ:時代を映すテレビドラマ

スピーカー: 中西 進(高志の国文学館館長、京都市中央図書館館長等)
       陶 德民(関西大学文学部教授)

モデレーター:石川 好 氏(作家、元新日中友好21世紀委員会委員)

司 会:若宮 啓文(日本国際交流センター シニア・フェロー)

言 語:日本語

参加費:無料

詳 細:http://www.jcie.or.jp/japan/gt/jck/#s1

Facebook:https://www.facebook.com/events/1672731332974841/

主 催:(公財)日本国際交流センター



【お申し込み方法】

大変お手数ですが、以下のフォームよりご参加登録をお願いいたします。

http://www.jcie.or.jp/japan/gt/jck/reg07/

締切:2016年3月9日(水)

※定員に達し次第締切とさせていただきます。お早めにお申し込みください。
 
 
 
分類
タイトル
場所
期間
 
山梨県北杜...
2016.6.25~6.27
東京都
2016.6.9~6.9
東京都中野...
2016.3.17~3.17
東京・池袋...
2016.2.21~2.21
東京都
2016.1.27~1.27
東京・新大...
2015.12.5~12.5
東京・新大...
2015.11.21~11.21