応募

応募

文化院活動


 

2003年度大会の様子

<第1回初級学習者のための「話してみよう韓国語」開催>

  韓国文化院では、最も学習者人口の多い初級レベルの高校生以上の方に「韓国語で話す」機会を提供するため、スピーチコンテストを実施することにいたしました。お陰様で予想以上のお申込を頂き、厳正なる審査の結果、東日本大会には計40名の出場者が決まり、北は北海道、南は鹿児島と全国から集います。
  是非皆さんも温かいエールを送りにお気軽にご来場ください!

☆日時:2003年3月8日(土)13:30~18:00
☆場所:韓国文化院大ホール(韓国中央会館8階)
☆入場無料、全席自由

☆部門紹介
1.スキット部門:2人1組もしくは3人1組になって、韓国語の台本を暗記し、ちょっとした演劇スタイルで発表する部門です。
○高校生の部 8組発表
○一般・大学生の部 7組発表 計15組発表
2.スピーチ部門:テーマに沿って自分自身で原稿を準備して発表する部門です。7人発表。 
○テーマ:「韓国語を学んでわかった日本語の面白さ」 

☆審査員の方々
審査員長:野間秀樹 東京外国語大学 大学院 教授
審査員 : 南 潤珍 東京外国語大学 大学院 助教授
        黒澤眞爾 関東国際高等学校 教員
       李 映京 韓国文化院・国士舘大学 講師

☆主 催:駐日韓国大使館 韓国文化院
☆後 援:外務省、文部科学省、財団法人国際文化フォーラム
☆協 賛:国際交流サービス、高電社、三修社
☆協 力:株式会社 ビコ

※ 尚、大阪にて同日同時刻に同大会西日本大会が行われます。