応募

応募

文化院活動


 

2005年度東京大会の様子

 


第3回初級学習者のための『話してみよう韓国語』東京大会が、2005年2月19日(土)abc会館ホール(東京都港区芝公園)で開催されました。

  あいにくのお天気であったにもかかわらず、出場者を応援する方々や韓国語講師の方々をはじめ多くの方々にお越しいただき、この場を借りて深く御礼申し上げます。

  スキット部門も映像表現部門も各出場者、ぶっつけ本番であるにもかかわらず、レベルの高い個性溢れる発表をしていただき、会場も沸きました。

  特別ゲストとして舞台に立った吉本興業の「チング」は、韓国と日本の文化の違いを題材に、日本語のネタ1つに韓国語のネタ2つ、更にスキット部門の台本まで披露。笑いだけではなく、同じく韓国語を学ぶ学習者として、初級者レベルでも韓国語で充分漫才を披露し、実際に韓国で笑いを通してコミュニケーションをとっていることを通して、出場者に韓国語学習に対するやる気と希望を与えてくれました。

  大会の模様は、当日夜7時のNHKニュースでも、「冬ソナあの名場面せりふ創作コンテスト」として映像表現部門が大きく取り上げられました。

  今年は、東京大会以外にも2月26日に大阪大会、10月に鳥取大会、11~12月に青森大会の開催が予定されています。お近くの方は是非とも開催会場までお越しいただき、鳥取と青森大会はこれから募集が始まりますので、是非とも応募してみてください!

  本大会は今後も引き続き開催していく予定です。来年開催の第4回大会は今年9月頃には募集要項を発表する予定です。来年は更に多くの方々に応募していただけますよう努めてまいりますので、是非とも引き続きご協力及びご関心をお寄せいただけますよう何卒よろしくお願い申し上げます。


第3回初級学習者のための『話してみよう韓国語』東京大会
入賞者は下記の通りです。

◇努力賞:
・スキット部門高校生の部
木村翠・鈴木望花(共に二松学舎大学附属沼南高等学校2年)
山本彩加・山本祥司(共に二松学舎大学附属沼南高等学校3年)
榎並あずさ・山名道子(共に二松学舎大学附属高等学校3年)
工藤真弓・黒川佳子(共に橘学苑高等学校3年)
・スキット部門大学・一般の部
倉本悦子・上野恵子
岩本リエ・宇井ひろみ
・映像表現部門
遠藤美奈子・照井理奈
友松祥子・宮本由希(共に鹿児島東高等学校2年)

◇韓国文化院賞:全体から1組
スキット部門高校生の部 中沢彩佳・内沼幸紀(共に啓明学園高等学校3年)

◇スキット部門優秀賞:各部2組
・高校生の部
前田秀人・田部ありさ(共に日比谷高等学校2年)
河野郁恵・荻沼暁子(共に日比谷高等学校2年)
・大学一般の部
佐々木玲子・小村充子(共に主婦)
鳥越翔子・関美穂(共にフェリス女学院大学)

◇映像表現部門優秀賞:2組
福井貴子・前田美那子(共にフェリス女学院大学)
瀬谷さくら・中本康夫(関東国際高等学校1年)

◇スキット部門最優秀賞:各部1組
・高校生の部
今給黎知佳・下城彩野(共に鹿児島県立出水高等学校2年)
・大学一般の部
泉美保・門瀬幸恵

◇映像表現部門最優秀賞:1組
伊織大昌・鈴木未来(関東国際高等学校1年)