応募

応募

文化院ニュース

 
 
掲載日 : [17.09.19]   照会数 : 22537
東京国際映画祭 提携企画「コリアン・シネマ・ウィーク2017」
 
〔上記の画像をクリックすると拡大イメージをご覧いただけます。〕
第30回 東京国際映画祭 提携企画
コリアン・シネマ・ウィーク 2017
Korean Cinema Week 2017

日本未公開の最新作を含む韓国映画5作品を一挙上映!

毎年多くの韓国映画ファンの方々からご好評をいただいている「コリアン・シネマ・ウィーク」は、おかげさまで2001年のスタートから今年で17年目を迎えました。
今年の「コリアン・シネマ・ウィーク2017」でも、韓国映画の魅力を感じていただける様々なジャンルの日本未公開の作品をはじめとする最新の5作品を上映いたします。
また、イベント期間中には、韓国の映画関係者による舞台挨拶イベントなども予定していますので、どうぞご期待ください!
 
◇ 会 期 : 2017年10月26日(木)~11月1日(水) *10月29日(日)は上映なし
◇ 会 場 : 韓国文化院 ハンマダンホール(東京都新宿区四谷4-4-10 TEL 03-3357-5970)
◇ 主 催 : 駐日韓国大使館 韓国文化院
 

<上映スケジュール&作品紹介>

日時 10月26日(木) 10月27日(金) 10月28日(土) 10月30日(月) 10月31日(火) 11月1日(水)
13:00~ LUCK-KEY/ラッキー①
16:00~ トンネル 闇に鎖された男① グッバイ・シングル① LUCK-KEY/ラッキー② 歩く女王②
19:00~ 灰の花① 歩く女王① 灰の花② トンネル 闇に鎖された男② グッバイ・シングル②

<上映作品>

灰の花 (재꽃) 
(2016年/126分/カラー/日本語字幕)
■ 日 時
① 10月26日(木) 開場18:30 開映19:00
② 10月30日(月) 開場18:30 開映19:00
■ 監 督:パク・ソギョン
■ 出 演:チョン・ハダム、チャン・ヘグム ほか
■ ストーリー
寂しい田舎の村で平凡に暮らしていたハダムのところに、一度も見たことのない父を探しているという、ハダムに似た11歳の少ヘビョルがやって来る。その頃から静かだった村に複雑で微妙な感情が渦巻き始めるのだが…。第42回ソウル独立映画祭(2016年)で開幕作として上映された芸術映画。 ※ 日本初上映
トンネル 闇に鎖された男 (터널)
(2016年/127分/カラー/日本語字幕)
■ 日 時
① 10月27日(金) 開場15:30 開映16:00
② 10月31日(火) 開場18:30 開映19:00
■ 監 督:キム・ソンフン
■ 出 演:ハ・ジョンウ、ペ・ドゥナ ほか
■ ストーリー
ジョンスは会社から車で帰宅途中、通りかかったトンネルが突然崩れ落ち、生き埋めになってしまう。手元にはバッテリー残量78%の携帯電話とミネラルウォーター2本、そして娘への誕生日ケーキだけ。救助活動が開始されるが、作業は難航し・・・。韓国で700万人を超える観客動員を記録したリアルパニック映画。
歩く女王 (걷기왕)
(2016年/93分/カラー/日本語字幕)
■ 日 時
① 10月27日(金) 開場18:30 開映19:00
② 10月31日(火) 開場15:30 開映16:00
■ 監 督:ペク・スンファ
■ 出 演:シム・ウンギョン、パク・ジュヒ ほか
■ ストーリー
無条件に早く、努力を強要する社会に対して、やりたいことや夢もない先天性乗り物酔い症候群の女子高校生のマンボクが、自身の人生を変えた競歩を通じて孤軍奮闘し、自身を見つめる物語を描いた作品。大ヒット映画「サニー 永遠の仲間たち」「怪しい彼女」などの熱演により知られる実力派若手女優のシム・ウンギョン主演作品。 ※ 日本初上映
LUCK-KEY/ラッキー (럭키)
(2016年/112分/カラー/日本語字幕)
■ 日 時
① 10月28日(土) 開場12:30 開映13:00
② 10月30日(月) 開場15:30 開映16:00
■ 監 督:イ・ゲビョク
■ 出 演:ユ・ヘジン、イ・ジュン ほか
■ ストーリー
裏社会で100%の成功率を誇る伝説の殺し屋ヒョンウク。偶然立ち寄った銭湯で石鹸を踏み転倒した彼は、頭を強打し記憶喪失になってしまう。更に、その場に居合わせた売れない貧乏役者ジェソンがヒョンウクのロッカーの鍵をすり替えてしまったことで2人の立場が入れ替わってしまい・・・。韓国で約697万人の観客を動員。原案は日本映画『鍵泥棒のメソッド』。
グッバイ・シングル (굿바이 싱글)
(2016年/120分/カラー/日本語字幕)
■ 日 時
① 10月28日(土) 開場15:30 開映16:00
② 11月 1日(水) 開場18:30 開映19:00
■ 監 督:キム・テゴン
■ 出 演:キム・ヘス、マ・ドンソク ほか
■ ストーリー
常にマスコミの注目を浴びていたトップスターのジュヨン。しかし年齢を重ねるにつれ人気は徐々に下がり年下の彼氏にも浮気される始末。ショックを受けたジュヨンは自分だけの味方を作るため妊娠の計画を練る。突然の独身スターの妊娠発表に・・・。ジャンルを問わない多彩なキャラクターを演じる韓国を代表する女優のキム・ヘス主演コメディ作品。 ※ 日本初上映

<会場>

韓国文化院 2階 ハンマダンホール(東京都新宿区四谷4-4-10 TEL 03-3357-5970)
*東京メトロ 丸ノ内線「四谷三丁目」駅より徒歩3分

<観覧お申し込み>

◎ 観覧無料(事前申込制、各回入替)
◎ 募集人員:各回300名(お申し込みはお一人様、1回につき2名様まで)
☆ お申込みには韓国文化院ホームページでの会員登録(無料)が必要です。
韓国文化院ホームページの「応募」から、観覧をご希望される作品にお申込みください。お申込み1回につき、1上映分のお申込みが可能です。2作品以上の観覧をご希望の方は、応募タイトルを確認の上、それぞれの上映回毎に別途お申込みください。
☆ 申込締切:10月16日(月)
☆ 抽選で当選された方にのみ、10月20日(金)までに確認書をメールでお送りします。落選された方には別途ご連絡をいたしませんので、あらかじめご了承ください。
※ 尚、事前のお申し込みで募集定員に達しない作品がある場合には、イベント当日に会場で観覧のお申し込みを受け付けます。当日受付の実施の有無、詳細などについては後日、韓国文化院のホームページでご案内します。

<お問い合わせ>

【NTTハローダイヤル】
 9月26日(火)15:00~11月3日(金)
《日本語・外国語共通》03-5777-8600、050-5541-8600(IP電話)
全日8:00~22:00(期間中無休)
※ 対応言語:日本語・英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語

【駐日韓国大使館 韓国文化院】
TEL 03-3357-5970(代) 9:00~18:00(平日)
 
 
  [total : 1837] ( 1 / 62 )
番号
タイトル
掲示日
照会数