応募

応募

韓国関連行事

 
                    
 
掲載日 : [2017-12-04]   照会数 : 249
イベント名  <シンポジウム>韓国語教育の現状と課題
場所 都道府県  東京都 会場TEL  03-3467-2211
会場名  東海大学代々木キャンパス 4号館4414教室
交通アクセス  
期間 2018-02-17 ~ 2018-02-17
主催者  文部科学省・科学研究費助成事業・基盤研究(C) 主催者TEL  03-3467-2211
代表者  金珉秀 FAX番号  
担当者  金珉秀 メール  tokaikorea@gmail.com
ホームページ    http://www.u-tokai.ac.jp/about/campus/yoyogi/
 
 

 シンポジウム

韓国語教育の現状と課題

-ハングル正書法をめぐる諸問題を中心に-

■日程:2018年2月17日(金)13:00▶18:00
■場所:東海大学代々木キャンパス 4号館4414教室
■プログラム
第1部13:00▶17:00講演

(1)基調講演(海外招待講演)

「한글맞춤법의寛容性增進方案」閔賢植(ソウル大学校・教授、前国立国語院院長)

(2)「일본인한국어학습자의띄어쓰기사용실태와지도방안」金珉秀(東海大学・講師)

(3)「韓半島書記史에있어서의漢字」伊藤英人(明治大学・兼任講師)

(4)特別講演1(海外招待講演)

「재미있는한국어맞춤법강의」趙顕龍(慶煕大学校・教授)

(5)「한국어표기법단상-일본어표기법과비교하며」吉本一(東海大学・教授)

(6)特別講演2

「한국어교육과한글맞춤법-한국어의변화를어떻게취급할까-」生越直樹(東京大学・教授)
 

第2部17:20▶18:00パネルディスカッション

パネリスト:閔賢植(ソウル大学校・教授),趙顕龍(慶煕大学校・教授),生越直樹(東京大学・教授),

吉本一(東海大学・教授),伊藤英人(明治大学・兼任講師)

※使用言語:韓国語

■主催:文部科学省・科学研究費助成事業・基盤研究(C)

「日本人学習者におけるレベル別韓国語表記指導法の開発」

(研究代表者:キムミンス・東海大学国際教育センター講師,研究課題番号:17K02942)

■後援:駐日韓国大使館 韓国文化院

■協力:東海大学

■申込方法:当日参加も可能ですが,資料準備の都合上,下記より事前にお申込みください。

※記入事項:氏名(ふりがな),所属,懇親会への参加・不参加

※懇親会&情報交換会(18:30より4号館2階Y'caféにて):希望者のみ会費制にて開催

(事前申し込み,当日受付にて支払い,4000円を予定)

■問い合わせ先:東海大学国際教育センター金珉秀(キムミンス)

 
 
 
分類
タイトル
場所
期間
 
東京都
2018.5.12~5.18
東京都
2018.3.8~3.11
神奈川県
2018.2.2~2.18
東京 神...
2018.1.26~1.26
東京都
2017.12.20~12.20
神奈川県
2017.12.15~12.15
東京都
2017.12.10~12.10